« 傷寒『医学天正記』3 | Main | 耳鳴り »

鬱『医学天正記』4

今上皇帝御年28才。
俄然 眩暈して食頃(食事をするほどの間)にして甦る。
御脈は沈細五動(一息に五脈動)。左の寸関は有力なり。
順気湯 八味順気散に半夏を加え、或いは正気天香湯を用い、或いは二陳に四君子を合わせて香附子・縮砂を出入加減して二七日なるも未だ験あらず。
十五日の朝より竹田定加法印が之を療する。
二十六日より祥壽院瑞久法印が之を療するも亦未だ効あらず。
十月二日より盛方院浄慶法眼が之を療する。
十一日の夜半には既に絶え入り(人事不省)諸医は窮還を指し、又余に治療を仰せり。
先ず真珠丸を用い、又麝香丸を、次いで蘇香円を用いた。
(この後、気付いた後もなお胸内煩悶・気鬱・嘔吐などの状態が続いていく)
・正気天香湯(烏薬、蘇葉、橘皮、香附 干姜 甘草)
・真珠丸《普済本事方》(真珠母22 当帰・熟干地黄45 人参・酸棗仁・柏子仁30 犀角・茯神・沈香・竜歯15)
 主治:肝陽偏亢,気血両虧,心神不寧,臥則自覚神魂離体,驚悸多魘,通夕無寐。
・麝香丸《本事方》(麝香 全蠍 黒豆 地竜 川烏)
・蘇香円(蘇合香丸)《太平恵民和剤局方》(蘇合香油・竜脳30 麝香・安息香・丁香・荜茇・炒香附・沈香・青木香・白檀香・訶黎勒・白朮60 乳香30 烏犀角・朱砂60)
 主治:中風、中気、中悪之突然昏倒、不省人事、牙関緊閉
・八味順気散《重訂厳氏済生方》《奇効良方》(白朮・白茯苓・青皮・白芷・陳皮・天台烏薬・人参30 炙甘草15 )上薬為細末,毎服9
 【主治】気中。 七情内傷,気機逆乱,痰涎壅盛,神志不清,牙関緊急,肢体不温,気口脈沈,蘇合香丸を経用して神志已に醒めたる者に。凡そ有風の人は先ず此の薬 順気を服し,次いで風薬を進む。
※曲直瀬玄朔は丸薬の類を沢山使うが、御殿医たちは湯薬ばかりのようだ。当時は朝鮮や中国からの薬種輸入で、取引があったのは民間医の方だったかも。

|

« 傷寒『医学天正記』3 | Main | 耳鳴り »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鬱『医学天正記』4:

« 傷寒『医学天正記』3 | Main | 耳鳴り »