« 心筋梗塞後の神経症 | Main | 道三流医学 »

頑固な眩暈

益気昇清,養陰生髄,化痰活血による頑固な眩暈治療
『中医臨床』v34-4(2013年12月) 丁元慶 治験報告No.18
患者:女性,70歳。
初診日:2008年3月12日
【主訴】眩暈に悪心・嘔吐を伴う発作が繰り返し現れるようになり9ケ月。
発汗・便意・耳鳴りを伴い,夜間に発作が現れる。口乾・口苦・食事量が少ない・げっぷ・記憶力の低下。せっかちでイライラしやすい。
舌診:舌質喑紅,舌苔薄白で中心部が黄膩
【中医診断】眩暈
【西洋医学的診断】①前庭性偏頭痛(?),②慢性脳循環不全
【弁証】気陰虧虚,清竅失養,痰瘀内結,肝風上擾
【治法】益気昇清,養陰生髄,化痰活血,柔肝定眩
【処方】益気活血方(筆者創製方)加減
黄耆・麦門冬30 当帰・葛根・丹参・天麻・枸杞子・菊花・旋覆花15 半夏9 淫羊藿6,6剤
第2診(3月19曰)
白く粘り気のある痰が出る,痰熱阻滞・肝風内動である。
【処方】前回処方-旋覆花,+知母15 川貝母9 6剤
第3診(3月26曰)
カゼを引き,清涕・軽度の咳・白く粘り気のある痰が出る。
【処方】前回処方-半夏,+桑葉15 荊芥穂9 6剤。
第4診(4月2曰)
白く吐き出しやすい痰が出る。
-桑葉・荊芥穂・知母,+党参・石斛(益気養陰),陳皮・半夏(化痰解表)
【処方】黄耆30 党参・天麻・菊花・石斛・淫羊藿・鬱金・全当帰・葛根・丹参15 陳皮12 枸杞子18 半夏・川貝母9, 6剤
第5診(4月9曰)
夜間の口乾,寝つきが悪く,目を覚ましやすい。
【処方】前回処方-半夏,+酸棗仁30 6剤
第6診(4月16曰)
食事量が少なく便が硬い,気陰虚により肝胃不和。
【処方】前回処方-淫羊藿・陳皮,+決明子30 青蒿15 蘇梗12 薄荷9 6剤
第7診(4月23曰)
口乾・脈沈細・疲労しやすい,気陰虧虚。
【処方】前回処方-薄荷・決明子・蘇梗,+麦門冬30 茵陳蒿15 6剤
第8診(4月30曰)
静かにしていることを好み騒がしいのを嫌う,元気不足・陰火内生。
【処方】前回処方-鬱金,+黄柏9 6剤
第9診(5月7曰)
眩暈は緩和されたが,舌と脈の状態に変化がみられない,病機は根本的に変化していない。処方は変更せず,丸剤に。
第10診(6月11曰)
湯剤の服用を停止すると再び症状が現れる,高齢者の正虚は,迅速には回復しない。益気昇清・養陰柔肝・活血化痰。
【処方】黄耆・太子参・麦門冬・酸棗仁・浮小麦30 当帰18 川貝母9 天麻・丹参・葛根15 五味子・炙甘草12, 6剤。後は続けて丸剤を服用する。
第11診(8月13曰)
季節は盛夏,気陰の保護が必要。
【処方】①前回処方-浮小麦,麦門冬を60に変更,+五味子9 枸杞子15 6剤
②黄耆・当帰・天麻・枸杞子150 党参・酸棗仁・黄連・菊花・玉竹120 丹参・百合・葛根・川貝母・茯苓90 水丸。
第12診(9月3曰)
長夏の季節は,気陰を消耗しやすい。
【処方】黄耆・沢瀉20 党参・栝楼・天麻18 百合・浮小麦30 麦門冬45 紫石英15 半夏・川貝母9 石菖蒲12 6剤 また上記6剤で水丸を作る。
第13診(9月10曰)
姿勢を変えると,悪心・嘔吐を伴う眩暈が現れる,立位が安定せず,発汗多く,口乾。暑熱に痰が加わると,土虚木盛となり,風気が内で動く。
【処方】前回処方の黄耆を30に変更,+人参6 黄連9 夏枯草・菊花15 6剤用いて水丸を作る。
第14診(12月17曰)
半年にわたる治療を経て,気陰が徐々に回復し,臓腑も安定してきた。ちょうど「閉蔵」の季節を迎えたため,補養気陰・昇降気機・化痰活血を行う。
【処方】黄耆・菊花24 人参6 葛根20 丹参18 当帰・茵陳蒿・天麻15 沢瀉・百合・酸棗仁30 黄柏12  川貝母9, 7剤
第15診(12月24曰)
気陰虧虚・気化無力により痰熱・湿濁が内蘊しているため,和中化濁を兼ねる。
【処方】前回処方+茯苓15 荷葉9,7剤
第16診(2009年3月17曰)
もともと気陰虧虚であるため,痰濁が溶けにくい。疏利清化・益気養陰を行う。
【処方】当帰六黄湯(瀉火清熱・益気養陰),葛根黄芩黄連湯(清熱燥湿)
黄耆24 当帰・天麻・茵陳蒿15 麦門冬・百合・酸棗仁30 葛根20 黄芩・川貝母9 丹参・生地黄・熟地黄・黄柏12, 8剤
第17診(5月27曰)
頭部や眼がすっきりせず,多夢・口乾は,気陰虧虚が回復せず,痰熱・瘀濁が除かれていない。養陰化痰を堅持する。
【処方】前回処方+玄参・竹茹128 7剤用いて蜜丸を作る。
第18診(6月3曰)
頭部と眼がすっきりし,気力・体力ともに良好。
第19診(12月2曰)
舌と脈の状態は,初診時と比べてほとんど変化していない。湿熱・瘀濁がとけずに,体内で結びついている。
【処方】前回処方の茵陳蒿を20に変更,+黄連12 党参15 三七粉10 7剤用いて水丸を作る。
第20診(2011年7月13曰)
益気陰・化痰瘀・昇清陽・調気血を堅持する。
【処方】黄耆・麦門冬・酸棗仁30 天麻・枸杞子・葛根18 巴戟天・当帰12 生山楂・丹参・沢瀉・石斛・淫羊藿・陳皮15 半夏・黄連・黄柏9 7剤用いて水丸を作る。
第21診(2012年11月7曰)
舌と脈の状態は,初診時と比べて顕著な変化がみられない,高齢の正虚に乗じて邪気が侵入している。症状が現れていないからといって,病態ではないと軽率に判断してはならない。益気養陰・化痰活血を行い,合わせて腎元の保護も。
【処方】①前回処方の黄連を20に変更し,+山薬15 山茱萸20 7剤用いて水丸を作る。
②黄耆24 麦門冬30, 7剤,2日で1剤を服用。
第22診(2013年8月14日)
舌質喑紅・脈沈細というのは,正虚により血瘀となっているため。
【処方】前回処方-黄柏,+三七粉10 7剤用いて水丸を作る。
【筆者体得】
本症例は虚実挾雑証であり,気陰虧虚証に属する。黄耆に麦門冬を配すると,甘温により益気を行っても乾燥が過度にならず,甘寒により養陰を行っても,薬性が「膩」となって痰・瘀の原因を作ることもなく,益気養陰・補虚寧心を行える。終始一貫して益気養陰・化痰活血・昇清柔肝の法を用い,初診時の処方を加減して使用している。岳美中氏が「急性疾患の治療は,度胸と知識が必要であり,慢性疾患の治療は,その疾患に適した処方を堅持することが必要である」と言っている。

|

« 心筋梗塞後の神経症 | Main | 道三流医学 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 頑固な眩暈:

« 心筋梗塞後の神経症 | Main | 道三流医学 »