« 鬱『医学天正記』4 | Main | 月経期頭痛2 »

耳鳴り

耳鳴りといえば耳聾左磁丸という中成薬があり、日本のエキスなら滋腎通耳湯・牛車腎気丸・釣藤散などが挙げられますが、それれで良くなったという人はあまり聞きません。
高齢者の回復不能な腎虚を除いて、若い人なら必ずどこかに治療のポイントがあるはずです。
呉克純医案:徐某某,男,32歳,1982年9月8日診。
患者は耳鳴してから3月余り,これまでに小柴胡湯、竜胆瀉肝湯、黄連温胆湯、耳聾左慈丸、補中益気湯 等を60余剤服すも皆効なし。
カルテ:両耳内に蝉鳴の声がする,時々風音が耳に入り,聴音がはっきりしない。
体質は壮実で,飲食、大便は正常,小便は日に数回あり,色は淡で黄色ではない,舌質は淡紅、苔白,脈浮,両耳内に異常なし。
此れは清竅不暢による耳嗚である。
上病は下で治す,上竅が不暢なら,下竅を瀉す,利小便の法を用いる。
五苓散加味(沢瀉30 茯苓・白朮15 猪苓12 桂枝・石菖蒲9)
一剤を服した后,小便の回数が増え,耳鳴は漸減し,連服すること5剤にして,耳鳴は消失した。(新中医19895,5:47)
按語:腎は耳に開竅し,また二陰を主る。
腎が化気しなければ,水は清竅に氾濫し,耳嗚、耳聾となる。
五苓散にて化気行水の法を採用し,小便を利し,下竅を泄し,下竅が通じれば上竅が開暢し,耳鳴は愈えた。
 傷寒名医験案精選 当代 · 陳明、張印生 より

|

« 鬱『医学天正記』4 | Main | 月経期頭痛2 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 耳鳴り:

« 鬱『医学天正記』4 | Main | 月経期頭痛2 »