« 痰熱生風証の頭脹痛 | Main | 麻黄附子細辛湯-咳嗽 »

麻黄附子細辛湯?

花粉症やアレルギー性鼻炎や感冒に麻黄附子細辛湯を第一選択として使う例が後を絶ちません。これは本来の漢方からは懸け離れた使用の仕方です。
このまま放置しておくと漢方を正しく普及したり発展する上で妨げになるので敢えて苦言を呈することにしました。

初めに断らなければならないのは麻黄附子細辛湯は“傷寒”という病気に使われる処方なのです。
“傷寒”とは「風寒の邪」を受けて激しい悪寒から始まる重い病気です。
“傷寒”は太陽病期という初期の状態から次々と身体内部の病へと進行する性質があり、昔は多くの人々が死にました。
そんな重い病気を治せるなら優秀な薬に違いないと思ってはなりません。
重い病気を治す薬ほど毒性も強いと思わなくてはならないからです。

ではどんな時に麻黄附子細辛湯を使うかというと、「発熱・悪寒・無汗・脈沈」という症状が揃った時で、これが少陰病という“陰病”の時期です。
発熱があるのに脈が沈んでいる訳がないのです。大きな矛盾の状態です。
この時期の特徴は“但欲寐"(ただいねんとほっす)です。
これは「元気がなくて眠い」のではなく、もともとの体質が虚弱で「陽虚不振のために瞑目している(目が開けられない)」のです。陽気が盛んならば目覚めていますが、これは陰気が盛んで“瞑目して嗜睡に陥っている”のです。
こういう状態は太陽経から始まるものが既に少陰経へと進んで「太陽経・少陰経の両感証」になったものです。
体表の病がバリヤーを通り抜けて裏へ入り、直接に大寒が腎経を犯している状態です。
成分の麻黄は太陽経の寒邪を解し,細辛は少陰経の寒邪を温め,劇薬の附子は腎経の陽気を温める作用があります。
このような“陰寒過盛”な重症はそうざらにあるものではありません。
それを日常の、花粉症やアレルギー性鼻炎や感冒に使うというのは何事でしょう
ネット上で名のある人が平気で無責任な事を書いているのを見ると情けなくて泣けてきます。

でも実際に効くではないかと云うなら、多分それは細辛一味だけがフィットしているからでしょう。
麻黄も附子も何の役にも立っていません。
細辛には祛風散寒(体表を温める)・行水(鼻水を止める)・開竅(鼻閉を開く)などの「温肺化飲」(抗アレルギー)作用があります。しかし細辛一味だけでは対症療法にしかなりません。
小青竜湯にも細辛が入っており、これにも同じことが云えます。
偶然使った処方が効いたからといって、それが正解だと思ってはいけません。漢方を正しく理解し発展させるためにはもっと深く洞察する姿勢が必要です。そのためには古典の理解から始めなければならないと考えています。

|

« 痰熱生風証の頭脹痛 | Main | 麻黄附子細辛湯-咳嗽 »

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 痰熱生風証の頭脹痛 | Main | 麻黄附子細辛湯-咳嗽 »