« 術後てんかん | Main | 内経知要3 »

内経知要2

素問四気調神大論
 素問四気調神大論に曰く。春三月、此れを発陳(木の芽立ち)と謂う。天地供に生じ万物以って栄ゆ。夜(よわ)に臥し蚤(はや)く起き、広く庭を歩み、髮を被(こうむ 解く)り、形を緩(ゆる)くし、以って志(ゆとりの心)をして生ぜしむ。生かして殺すこと勿れ。予(あた)えて奪うこと勿れ。賞して罰すること勿れ。此れ春気の応。生を養うの道なり。之に逆するときは、肝を傷(やぶ)り、夏 寒変(陽気不足)を為す。長(生長)を奉(う)けつぐ者少し。

夏三月、此を蕃秀(繁茂)と謂う。天地の気交わり万物華(はな)さき実(み)のる。夜に臥し蚤く起き、日(日向)を厭うこと勿れ。志をして怒らしむることなく、華英(神気)をして秀でることを成さしめ、気(陽気)をして泄(も)らすことを得せしめ、愛する所 外に在るが若し(屋外へ)。此れ夏気の応。長を養うの道なり。之に逆らうときは、心を傷りて、秋 痎瘧(がいぎやく)を為し、収(収斂)を奉(う)けつぐ者少し。冬に至って重病す。

秋三月、此を容平(平定)と謂う。天気以って急(せま 強風)り、地気以って明(色彩)らかなり。蚤く臥し、蚤く起き、雞と供に興(お)く。志をして安寧ならしめ、以って秋刑(秋冷)を緩やかにす。神気を収斂し秋気をして平ならしめ、其の志を外にすること無かれ(内向)。肺の気をして清からしむ。此れ秋気の応、収を養うの道なり。之に逆らう時は肺を傷り、冬 飧泄(下痢)を為す。蔵(収蔵)を奉けつぐ者少し。

冬三月、此を閉蔵(蔵伏)と謂う。水は氷り、地は坼(さ)く。陽を擾(みだ)すこと無かれ。蚤く臥し、晚(おそ)く起き必ず曰の光りを待て。志をして伏(内向)するが若く、匿るるが若く私意(秘めごと)有るが若く、已に得る所有るが若く(満足)せしむ。寒を去り温に就(つ)き、皮膚をして泄らさしむること無かれ、気をして亟(しばしば)奪わしむること無からしむ。此れ冬気の応、蔵を養うの道なり。之に逆らうときは、腎を傷り、春 痿厥(筋痿)を為す。生を奉けつぐ者少し。

天の気は清静光明なるものなり。徳を蔵して止(やす)まず、故に下にならざるなり(上にある)。
天 明らかなる(過剰)ときは日月 明らかならず、邪 空竅(耳目)を害す。陽気は閉塞し、地気は冒明(暗く)す。雲霧 精(ただ)しからざるときは、上 応じて白露下らず、(陰陽)交通して万物の命(みち)を表わさず。故に 施(くわ)えず。施えざるときは名木(枝葉が茂る)多く死す。悪気 発(発散)せず風雨 節(さだ)まらず。白露 下らざるときは菀藁(鬱して枯れる)して栄えず。賊風 数(しばしば)至り、暴雨 数起こる。天地四時、和保(たも)たず、道と相失(あやま)つときは央(なかば 半分)ならずして絶滅す。惟聖人のみ之に従う。故に身に奇病なく、万物 失(あやまた)ず、生気 竭(つ)きず。

※虚邪賊風を避けて、四季の応ずべきことに従えば天寿を全うできる。

|

« 術後てんかん | Main | 内経知要3 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 術後てんかん | Main | 内経知要3 »