« 内経知要4 | Main | 息苦しくて不眠 »

内経知要5

◆金匱真言論
 素問金匱真言論に曰く。平旦(朝)より日中に至る。天の陽、陽中の陽也。
日中より黄昏に至る。天の陽、陽中の陰也。
合夜より鶏鳴に至る。天の陰、陰中の陰也。
鶏鳴より平旦に至る。天の陰、陰中の陽也。
夫れ人の陰陽を言うときは、外を陽と為し、内を陰と為す。
人身の陰陽を言うときは、背を陽と為し、腹を陰と為す。
人身の蔵府中の陰陽を言うときは、蔵を陰と為し、府を陽と為す。
肝心脾肺腎の五蔵を皆 陰と為し、胆胃大腸小腸膀胱三焦の六府を皆 陽と為す。
故に背を陽と為し、陽中の陽は心也。背を陽と為し、陽中の陰は肺也。腹を陰と為し、陰中の陰は腎也。腹を陰と為し、陰中の陽は肝也。腹を陰と為し、陰中の至陰は脾也。

※天の陰陽にあわせて人の陰陽がある。

|

« 内経知要4 | Main | 息苦しくて不眠 »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 内経知要4 | Main | 息苦しくて不眠 »