« 少陰熱化証2 | Main | 少陰熱化証4 »

少陰熱化証3

二、陰虚挾水証

案三:北京郊区 郭姓患者,男,52歳。
心下発満を患い,頭目時に眩暈を発し,夜晩口中非常に干渇し,且つ心煩して少寐。
脈は弦細,舌は紅,舌苔は水滑滴らんと欲す。
其の所服の方を観れば,滋陰潜陽・和胃疏肝あり,さらに補心安神の薬まであり,皆無効なりし。
脈弦で水苔なら,水証の徴候である。そこで小便は如何と問えば、
答:黄色で出にくく,残尿となる。

此れは蓄水証で,猪苓湯の証です。
猪苓湯の証機とは,陰虚生熱で,熱と水が凝集して津液が化生しません,そのために口中干渇して咳も出るのです;水汎が上に及ぶと頭目眩暈となり;中脘に留ると心下痞となり嘔き気を催し;下で水結すれば小便不利で尿少となる。
此の証は陰虚有熱なる故に舌紅く脈細で,心煩して不寐となります。
治療には育陰・清熱・利水が必要です。

猪苓湯:猪苓・茯苓12 沢瀉10 滑石12 阿膠10

これを五剤服すると,小便は暢利となり,口中の干渇・心下痞満・頭目眩暈・咳逆作嘔・夜間不寐などは次第に去った。
 劉渡舟『医論医話100則』より

|

« 少陰熱化証2 | Main | 少陰熱化証4 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 少陰熱化証2 | Main | 少陰熱化証4 »