« 陽虚による煩躁もある | Main | 陰火証1 »

五苓散は気寒津凝

《傷寒論》第71、72、73、74の諸条は,太陽蓄水証の治を論述しており,傷寒家はこれを"太陽腑証"と称している。
足太陽の腑とは膀胱である。膀胱は津液の腑で,気化して能く出す。
故に膀胱の気化不及だと,多くは水証の変を起こす。
第71条の前半段(太陽病,発汗后,大いに汗が出て,胃中干き,煩躁して不得眠,飲水を欲する者には,少々與えて飲ませれば,胃気が和して愈える),という叙述は假賓定主の文法である。
重点は后半段(若し脈浮,小便不利,微熱ありて消渇すれば,五苓散が主る)にあり,汗后の気傷で,化津できず,膀胱に蓄水すると論述している。

水から津が生ぜず,気化不行となれば,上では消渇して飲まんと欲し,下では小便不利となる。
"微熱"、"脈浮"は,太陽経に表邪がまだ在ることを表している。
本証は経・腑両証を倶備する故に五苓散の外疏内利を用いて,表裏を両解している。
本条では仲景は"假賓定主"の文法で表現している。
"假"とは,借助で;"定"とは,肯定である。
借助の"賓文"で人の注意を引き、"主文"で卓然と目を醒まさせ,両証の差異を明確にして,辨証論治の目的を果たしている。
この文法で:第一に、時医は一見して咽燥口渇ならば,すぐに滋潤を用いたがる弊を糾正し;第二に、下焦蓄水による口渇だから,必ずや"小便不利"が主症である事を明らかにする。

症例:1990年 張姓の男が,口渇し,水を飲んでも不解,咽喉が痛いような痛くないような,物が梗塞するようだと云う。
小便を問えば、甚だ少なく,出が悪いと云う。
舌苔は水滑で,脈は沈弦。
これまでに服用した処方は,みな生地黄・麦冬・沙参・天花粉等の滋濡薬ばかりである。
余曰く:此の病は気寒による津凝で,陽不化陰の証である。
通陽行津の法を用いなかったから,愈えなかったのだ。

五苓散:桂枝12 茯苓30 沢瀉・猪苓15 白朮10

連服すること6剤で,小便は暢通し,口渇咽塞等の症は次第に愈えた。
 劉渡舟『医論医話100則』より

|

« 陽虚による煩躁もある | Main | 陰火証1 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 陽虚による煩躁もある | Main | 陰火証1 »