« 四逆散4ー脘痛 | Main | 四逆散6ーアルコール性肝病 »

四逆散5ー乳癖

闫某,女,36歳。
先に夫が法を犯して囚人となり,継いで又長女が病気になった。次々と不幸に遭い,悲しみに堪えず,心は楽しまず,肝気が舒びずに停滞した。
升降の通路が痞塞して,乳房に結核ができ棗の如し;気血の運行が障碍され,胸脇は脹痛して止まず;肝胃は相い敵し,食進まず胃脘が脹る;木土互讐となり,腹痛泄瀉する。
疏肝理気は,当面の急なり,軟堅散結が必須である。

四逆散加味(柴胡12 枳実10 白芍15 甘草6 王不留行15 夏枯草30 海藻・蘇子15)

三剤で,疼痛は減り,諸症は悉く軽くなった,同方を十七剤続けて,癖塊は消えた。

按:丹渓云く:“気血が冲和すれば,万病は生ぜず,一たび怫鬱すれば,諸病が生ず。”故に人世に在るうちは,務めて気血の冲和を求め,怫鬱の萌生するを忌む。大千世界は,滾滾として紅塵あり,いずくんぞ能く事々は願う如くならんか?憂慮すること無く,寛容なれば,乃ち養生の道也。

海藻と甘草は相反のもので,処方内では禁忌の組み合わせだが,古人が多用するのは,却って其の相反相成の義を取るからである。
四逆散原文,配方,方歌,四逆散加減運用医案 より


宋某,女,32歳。
肥胖体型で,皮膚白く,面に色斑あり。7ケ月余り前から経前に乳房が脹痛し,月経当日には尤もひどく,黒色の血塊が出る。第二日目に経行暢利となり,経色も正常で,乳房の脹痛が緩解する。
超音波では乳腺小葉増生であり,左側の乳房が大きく,脹痛がひどく,硬結も右側より多い,軽く触れると痛み,衣服の摩擦や震動にも,云えないほどの痛苦がある。

四逆散加味(柴胡15 赤芍20 炒枳実・炙甘草・瓜蒌皮・薤白・厚朴・桂枝15 王不留行50)
 水様腹瀉,白帯量多,+炒扁豆20

行経当日の下血塊は甚だ多かったが,上下の通利は,大変軽く,薬服が終わってからは農繁期だったので再診に来なかったが,二ケ月目の月経も正常で,経前にも乳房が脹痛することはなかった。
黄元御说“凡病皆‘肝’郁”,四逆散乃“郁”证之祖方 より

|

« 四逆散4ー脘痛 | Main | 四逆散6ーアルコール性肝病 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 四逆散4ー脘痛 | Main | 四逆散6ーアルコール性肝病 »