« 黄芪十法 | Main | 肝陰不足型の胆石病 »

傷寒-桂枝湯

医案五
青年,淋雨にあい,半夜寒戦して,噴嚏,清涕,頭身疼痛ありて,体温は39.5度。
自分で解熱鎮痛薬を両片服して,始めて汗が出た。
朝起きたがまだ頭身に疼痛あり,熱粥を服し,汗が出て,体温は38度。

桂枝湯を与える。

《傷寒論》原文:太陽病,頭痛し,発熱,汗が出て,悪風するに,桂枝湯が之を主る。

【評語】
桂枝湯は中風と傷寒を弁別しない。
ただ頭痛、発熱、汗出、悪風の四証だけで用薬したが,此れで方証辨証は出来ている。
郝万山讲《伤寒论》之医案总结 より

|

« 黄芪十法 | Main | 肝陰不足型の胆石病 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 黄芪十法 | Main | 肝陰不足型の胆石病 »