« 六味小柴胡湯1 | Main | 六味小柴胡湯3 »

六味小柴胡湯2

案2 上呼吸道感染
曹某,女,13歳。2009年1月20日就診。
主訴:発熱に咳嗽を伴って二日。患者は二日前に受凉の后に悪寒、発熱し,体温が38.5℃以上ある。
初診:時に冷え時に熱くなるが,発熱が主で,煩躁不安,頭痛,頭汗多く,咳嗽,口干,咽喉疼痛,大便稀溏,臭いが少ない。舌質紅く苔薄黄膩,脈弦数。
弁証:邪在少陽に風熱襲肺を兼ねる

六味小柴胡湯+桑菊飲加減(柴胡12 黄芩・清半夏10 干姜・五味子・生甘草6 桑葉・菊花10 桔梗・連翹9 芦根10 薄荷6)

患者は午後6時に湯薬を第一碗飲んだ后に渾身振奮し,晩8時に体温は37.8℃に降り,全身が楽になった。次の日の早晨にやや咳嗽があったが,其の他の症状は全部消失し,体温が36.8℃になり,舌は淡紅で苔薄黄となり,脈数は平に転じた。湯薬を一剤再進して善后とした。

按:患者が時に冷え時に熱したとは条文の“往来寒熱”で,少陽証である。又平素から大便稀溏で,気味が薄いのは,中焦に寒湿があり,干姜・五味子の証である。故に方は六味小柴胡湯で少陽を和解し,温中散寒止瀉を兼ねた。病邪が少陽にあるだけでなく,患者は煩躁、頭痛、頭汗多、咳嗽、口干、咽痛 等の症状を示しており風熱在表の象もある。是れは典型的な桑菊飲の証なので,辛凉軽剤の桑菊飲を合わせて疏散風熱,宣肺止咳とした。方中の杏仁には潤腸通便の作用があり,素もと便溏がある患者には宜しくないので,之を去る。患者は風熱襲肺の熱咳であり,方中の干姜・五味子は便溏のために設けたのであり,咳嗽の為に施したのではない。
六味小柴胡汤妙用3则 より

|

« 六味小柴胡湯1 | Main | 六味小柴胡湯3 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 六味小柴胡湯1 | Main | 六味小柴胡湯3 »