« 2種類の白附子 | Main | 中風-陰虚陽亢 »

睡眠時無呼吸症候群

阻塞性睡眠呼吸は中医の“鼾眠”(いびき)の範畴に属する。

病因病機
本病の病因は先天禀賦と后天失養に関係がある。后天とは飲食不節、労逸過度、吸烟嗜酒等を包む。病位は肺、脾にありて,心、腎に及ぶ。病性は本虚標実である。主要な病理は痰湿、痰熱、血瘀、気滞である。主要な病機は痰湿内阻,或いは痰熱内壅,気滞血瘀,肺脾腎虚,心陽不足等で,脾失健運,肺気不利がキーポイントである。

辨証と治療
1.肺脾気虚,痰熱内壅‥‥六君子湯合小承気湯加減

2.脾気不足,痰湿内阻‥‥六君子湯合三子養親湯加減
若し湿邪較甚,+蒼朮、沢瀉、薏苡仁;若し清陽不升,+黄芪、升麻、柴胡

3.肺脾腎虚,痰瘀互結‥‥四逆加人参湯合血府逐瘀湯加減
or+蘇子、白芥子、莱菔子。若し気虚較甚,+黄芪

4.心腎両虚,陽気不足‥‥真武湯加減
若し陽虚較甚,+人参、干姜、炙甘草;寒湿内停,+白豆蔻、石菖蒲

経験方
1.化痰祛瘀開竅方(橘紅・生半夏10 茯苓15 杏仁10 白芥子6 白朮15 石菖蒲10 鬱金15 川芎10 丹参20)
2.酸棗仁湯加味方(酸棗仁20 川芎10 茯苓15 知母・甘草・陳皮・半夏10)
睡眠呼吸暂停综合征中医诊疗技术 より
中国中医药报 2010-06-23

|

« 2種類の白附子 | Main | 中風-陰虚陽亢 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2種類の白附子 | Main | 中風-陰虚陽亢 »