« 佩蘭と沢蘭 | Main | 埋もれた良書 »

沢蘭の詳細

別称:水香、都梁香、虎蘭、孩児菊、風薬。(根名:地笋)
《本草通玄》:“沢蘭は,芳香悦脾,ゆえに扶気;疏利悦肝,ゆえに行血。”
《本草逢源》:“専ら産后の血敗が,腰股へ流れ,拘攣疼痛するを治し,宿血を破り,癥瘕を消し,水腫,身面四肢の浮腫を除く。”

【性味】味苦;辛;性微温。
《本経》:味苦,微温。
《呉普本草》:神農、黄帝、岐伯、桐君:酸,無毒。李氏:温。
《別録》:甘,無毒。
《薬性論》:味苦辛。

【帰経】入肝、脾経。
《滇南本草》:行肝、脾二経。
《雷公炮制薬性解》:入小腸経。

【功効主治】活血化瘀,行水消腫の功効。
月経不調,経閉,痛経,産后の瘀血腹痛,水腫に用いられる。

(1)活血祛瘀
《雷公炮炙論》:沢蘭“能く破血する”。
本品は辛散温通,不寒不燥,性は温和で,行りても峻ならず,能く肝気を舒べて経脈を通し,祛瘀散結しても正気を傷らない特点がある,故に血脈瘀滞,経行不利に,常用する。

(2)行水消腫
《神農本草経》:沢蘭“大腹水腫,身面四肢の浮腫,骨節中の水を主る。”
本品は苦温勝湿,芳香舒脾,故に利水消腫の功がある。産后の水腫,身面浮腫の証に用いられる。

(3)消散瘀滞
本品は能く活血祛瘀する,故に能く消散瘀滞して,傷痛を止める。跌打損傷の証に常用される。若し運動や跌僕により扭転して,筋経や絡脈や関節を損じて,経気の運行が阻まれ,気血が壅滞したら,沢蘭にて活血祛瘀,散滞止痛する。

(4)散癰消腫
《神農本草経》:沢蘭は“金瘡,癰腫を主る”。
本品は能く活血祛瘀する,故に能く散癰消腫する。癰腫の多くは外感六淫や,膏粱厚味の過食により,湿熱火毒が内鬱したり,外来の傷害により,毒気を感受して,邪毒壅聚を引き起し,営衛不和,経絡阻塞,気血凝滞と成る。その症は患処の皮肉の間が突然腫脹し,光軟無頭のまま,早々に結塊し,表面は焮紅で,灼熱疼痛する。日を逐って拡大し,高腫堅硬に変る,化膿すると局部の腫勢は高突し,疼痛は劇しく,鶏啄の如くに痛む。沢蘭にて,活血祛瘀,散癰消腫する。

沢蘭との配伍応用
防己:沢蘭は苦辛にして微温,行血利水;防己は苦辛寒,利水消腫。両薬の配伍は,一温一寒,苦辛は通降の功効があり,利水消腫の力が強くなる。《得配本草》:“防已を配して,産后の水腫を治す。”
佩蘭:沢蘭は活血行気破瘀,通経利水;佩蘭は芳香化濁。両薬の配伍は,一気一血,芳香化濁,活血利水して消腫する,湿阻血瘀の大腹水腫である肝硬変の単腹脹や,跌打損傷の癰腫作痛に対して効がある。
当帰:沢蘭は活血破瘀,行気通経;当帰は養血活血,両薬の合用は,理気活血,行血祛瘀し,月経不調,瘀血腹痛を治す。《得配本草》:“当帰を配して,月水不利を治す。”
黄連:沢蘭は活血破瘀,散癰消腫;黄連は清熱瀉火,解毒消腫。両薬の合用は,清熱解毒,散癰腫で,癰腫瘡膿を治す。

【常用選方】
経候微少,漸漸不通となり,手足の骨肉が煩痛し,日ましに羸痩し,潮熱を生じ,脈が微数となるに:沢蘭葉三両,当帰・白芍薬一両,甘草半両。粗末とし,毎服五銭匕。(《鶏峰普済方》沢蘭湯)

経閉腹痛:沢蘭・鉄刺菱三銭,馬鞭草・益母草五銭,土牛膝一銭。(《浙江民間草薬》)

産后の水腫,血虚浮腫:沢蘭・防己等分を末とし。毎服二銭,酸湯下。(《随身備急方》)

産后の陰翻,産后の陰戸燥熱から,翻花となるに:沢蘭四両,煎湯熏洗二、三次,再び枯礬を入れて煎洗。(《瀕湖集簡方》)

小兒の褥瘡:沢蘭心を嚼んで封入する。(《子母秘録》)

瘡腫の初起,や損傷瘀腫:沢蘭を搗いて封入する。(《瀕湖集簡方》)

背中の癰疽:沢蘭全草二至四両,煎服;別に鮮葉一握りを取りて,冬蜜と搗爛して敷貼する,日に二回換える。(《福建民間草薬》)

蛇咬傷:沢蘭全草二至四両,煎服;別に鮮葉一握りを取りて搗爛し,傷口に敷貼する。(《福建民間草薬》)

【薬膳食療】
沢蘭煲墨魚:沢蘭葉末100,墨魚(イカ)250.料酒少許。沢蘭葉は細末とし,布袋中に装入する。本食療方は瘀血阻滞型の慢性前列腺炎に尤も適宜である。

沢蘭根の功効と作用:沢蘭根も効果が顕著なので次第に大衆から受け入れられてきた。

兒童への作用:智力を高め、生長を促進し、体質を増強する;食欲を増進し、営養不良の状況を改善する;失眠を改善し,記憶力を高める;抗体の産生、ホルモンと酵素を助け,免疫力を高め、血色素を増加する。

老人への作用:カルシウムの吸収を助け,骨質疏松症を防止し治療する;血中コレステロールを下げ,心脳血管疾病を預防する。

沢蘭の副作用:《本草綱目》:無毒。長期服用や大剤量(30g以下)の服用でも副作用は無かった。

【和合宜忌】防己を使とする。(《本草経集注》) 瘀血が無ければ服さない。《得配本草》:“血虚で枯秘する者は禁用。”
泽兰的功效与作用 より

|

« 佩蘭と沢蘭 | Main | 埋もれた良書 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 佩蘭と沢蘭 | Main | 埋もれた良書 »