« 所感2 | Main | 新冠肺炎重症の中医辨治 »

新型コロナ予防薬

新型コロナウイルス肺炎について、四川省中医薬管理局から新型冠状病毒肺炎中医葯予防建議処方なるものが発表されました。
それによると、普通人・体弱人・児童に分けられており、それぞれ次のような処方が挙げられています。

普通人予防:金銀花・連翹・防風・薄荷・藿香・生白朮10 冷水浸泡30分、5分間煮沸、2次。
体弱人予防:黄耆15 連翹・防風・薄荷・藿香・生白朮・枳殻10 冷水浸泡30分、10分間煮沸、2次。
児童予防:金銀花・連翹・荊芥・薄荷・板藍根・芦根・藿香10 香気大出、即取服、勿過煮。

これを見て幾つか気のつく事がありました。
よく似た処方でも、普通人には「5分間煮沸」と短時間の煎出で止め、香気や発汗性を重視しています。いっぽう体弱人には「10分間煮沸」とそれよりも長く煎出し、しかも「黄耆・枳殻」が加わり補気・消化機能を増強しています。
また児童には「荊芥・板藍根」を加味して抗毒性を強化し、しかも「香気が大いに出たら、すぐに取って服し、煮過ぎてはいけない」と祛邪を優先しています。実に配慮が届いた内容です。
我が国の漢方医家は余りこれらの中国の新しい処方を評価していないか無関心のようですが、このような結論に至るまでには深い思考が必要だったと思います。SARSの経験を踏まえて、今度の新型コロナでも中国の伝統医学は黙っちゃいないでしょう。

|

« 所感2 | Main | 新冠肺炎重症の中医辨治 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 所感2 | Main | 新冠肺炎重症の中医辨治 »