« 新冠肺炎の診療思考 4 | Main | COVID-19中医方案より1 »

新冠肺炎の診療思考 5

証治方薬
国家中医葯管理局では“清肺排毒湯”を推薦していた。呉又可は《瘟疫論》で“それ瘟疫の病たる……すなわち天地間の別の一種の疫気に感じたもので……一病に只一葯さえあればよい,なにも君臣佐使の品味を加減することはない”と云っている。しかし国家が指南するのは整体を全体的に見て,弁証法則に則り,古今の疫学思想を集成することである。我々は中医の“三因原則”を守り,病機の核心をつき,また分期・分型を考慮することにした。

1.肺型の治療
寒湿疫邪は口鼻より肺に入り,邪は肺衛に在り,肺気を閉阻するのが肺型1期の病因病機である。ゆえに治療には「辛にて宣肺,芳にて化濁」に重きを置く。
寒湿が重くて未だ寒湿鬱が出現しない時の発熱には,麻黄湯加減を用いる。
干咳・胸悶
は,寒湿が肺に内阻して,肺気不宣となっているから,藿香・前胡の芳香化濁を加えて,宣肺止咳する。
周身酸痛乏力は,湿が肺衛を扼制して,分肉は温まらず,腠理は充実していないから,羌活・紫蘇葉を加えて,祛風勝湿する。
咳嗽が重くなり咳嗽時に白黏痰があり,断続的な中低熱を現わすのは,寒湿が長引き,鬱して熱化し,痰を生じたのである。病期は中期に進展している。此の時には麻杏石甘湯を選ぶ;痰が重ければ 蒌皮・法夏・黄芩を加えて清化痰熱する;熱勢較高、口渇欲飲すれば 石膏・芦根を加えて,辛甘除熱をし,湿熱傷陰を防ぐ。
肺・脾は生理病理的に聯系しており,この湿邪はよく脾気を困憊させるゆえ,肺型の1期・2期を問わず,我々は化湿健脾に重きを置く。1期患者には藿香正気散加減を合わせ,2期患者には藿朴夏苓湯加減を合わせることが多い。

2.脾型の治療
寒湿疫邪は口鼻から入り,中焦の脾胃に盤踞すると,寒湿困脾・脾失健運となるのが脾型の病機である。治療時は芳香化濁を重くし,健脾祛湿するために,藿朴夏苓湯加減を選ぶ。
脘腹脹痛,食欲不振は,湿聚中焦,脾不運化であるゆえ,薏仁・茯苓・豆豉で滲湿健脾し,半夏・厚朴で燥湿健脾をする。
脾湿生痰が,肺に上って貯るので,此の型の病例の多くは肺部の病巣と合并した症状となる。因って用薬には宣肺化痰に注意し,杏仁・半夏を用いて宣肺化痰をする。
寒湿困脾壅肺が,鬱して熱を発すると,治は清熱化痰となり,麻杏石甘湯を并用する。熱勢が甚しければ大量の石膏を加える。
湿濁穢邪から熱を発すれば,清熱燥湿の品には注意を要する。黄芩・黄連で清熱燥湿するには,用量に注意して,苦寒傷胃とならないようにする。
肺型も脾型も,あるいは早期・中期・恢復期を問わず,脾虚は始終 考えておかなければならない。脾は燥を喜び湿を悪む,湿邪が人に中れば,必ず先ず脾土を困憊させる。今度の新冠肺炎の調査では,誰もが遍く感染したが,いわゆる正気が内に存すれば,邪は干すことか出来ないという事は云える。しかし"邪の湊る所,其の気必ず虚す"のも間違いない。因って全治療中 我々は健脾法を応用した。祛湿するのは健脾のため,保肺するには先ず益気のため。因って恢復期の患者には黄芪を重用し,正気を益し、脾胃を壮んにした。
此の外,湿濁は陰邪の毒で,性は黏滞であり,血脈を痺阻し易く,変証に化生する。因って我々は臨証中常に活血化瘀,通暢三焦をして,邪濁を去り易くした。黏滞が長引くと,逆伝して諸証に変生する。

小結
本院では中医の参与が早くから大いに介入しており,救治には中西医結合が原則だった。先ずはこの病の本質が寒湿疫邪と認識し,辨証施治は"三因原則"により,"寒湿困脾壅肺"こそが病機の核心であるとし,また疾病辨証を分型・分期して,温熱病の衛気営血辨証に陥らなかった。
収治した全部の患者に1例も重症や危重症を出すことなく,中医薬で新冠肺炎に対する防治作用を体現できた。これより中医薬が伝染性疾病において"截断扭転"できるものである事がわかる。目前にまだ特効的な抗病毒薬物が無い情況下では,中西医結合は一定の防治作用を発揮するだろう。
新型冠状病毒肺炎真実世界中的中医診療実践与認識 より
※発表された清肺排毒湯に従わず、また一病一葯という特効薬にも従わず、頑なに中医学の正攻法を守り通した中医師たちが居たのですね。

|

« 新冠肺炎の診療思考 4 | Main | COVID-19中医方案より1 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新冠肺炎の診療思考 4 | Main | COVID-19中医方案より1 »