« April 2020 | Main | June 2020 »

新型コロナ 中医診療手册13

六、予防
1. 内服方1
処方 藿香10 紅景天15 金銀花10 貫衆・虎杖6 芦根15
功効 芳香化濁,益気解毒。

方義 藿香は芳香和中,化濁辟穢,辛温散表により祛邪,芳香化濁により辟穢,《本草正義》言わく“芳香は能く中州の清気を助け,勝湿辟穢す”。
紅景天は補気清肺,《本草綱目》言わく:“本経の上品,邪悪の気を祛り,諸不足を補う”,だが“補益薬の中には入らない”;蔵医《四部医典》では“性平……主治は周身乏力、胸悶、悪心、体虚等の症”。二薬の并用で,紅景天一補一清,藿香一化一散,紅景天、藿香一凉一温,一清一散,寒温并用,清散同工,共に君薬である。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册13"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册12

五、恢復期の治療
1. 分期特徴
患者の疫毒邪気は已に祛除されたが,正気は尚未だ完全には恢復していない。熱が退いても憋気、気短出汗、語言無力や干咳、呛咳、精力疲憊、食欲不振 等の一連の虚弱状態が見られ,肺部の陰影はまだ完全には吸収されていない。此の時には扶正を主として,恢復を促進しなければならない。

2. 辨治要点
①気陰両補,肺脾同調
②扶正為主,兼顧余邪

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册12"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册11

(2)邪閉心包証
臨床表現 神昏譫語や昏愦不語,身熱煩躁,舌謇肢厥,舌質絳紅,脈数。
病機 邪閉心包。
治則 清泄邪熱,開閉通竅。
処方 安宮牛黄丸か至宝丹
参考用法 温水にて上薬を一粒送服し,便秘なら生大黄を水で送服する。

方義 安宮牛黄丸は清代の医家 呉鞠通の《温病条辨》にあり,生大黄を水で送服すれば牛黄承気湯となる。安宮牛黄丸は辛凉開竅、清熱解毒で,熱病の邪入心包、高熱驚厥、神昏譫語に用いられる;中風昏迷や脳炎、脳膜炎、中毒性脳病、脳出血、敗血症で上述の証候がある者に。
至宝丹は宋代の《太平恵民和剤局方》にあり,化濁開竅、清熱解毒の功効がある。主治は痰熱の内閉心包証。
若し痰盛気粗、舌苔黄垢膩、脈滑数を兼ねればなお至宝丹を選用するのが宜しい。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册11"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册10

四、危重型の治療
1. 分型特徴 危重型では閉証脱証の両種の異なる転帰趨勢が見られる。前者は疫毒内熾、気血両燔、邪閉心包で,后者は邪盛正虚、肺気欲脱か心陽欲脱で,どちらも危重階段である。
前者では高熱の上に更に狂躁、抽搐となり甚しければ昏厥等の神経系統を受損し,后者は高熱等の実の象は無いが,転じて神志昏愦、手撒肢冷、二便失禁、脈微欲絶 等の虚象になる。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册10"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册9

4. 辨病対症治療
(1)高熱
本病の高熱とは体温39.1~40℃以上を指す :
辨証選方の上で,大剤量の柴胡、石膏、知母 等の薬物を酌情加用する。便秘には更に生大黄、芒硝 等の通腑薬物を加え,退熱の功を強める。同時に酒精棉球で,大椎、合谷、風池、曲池 等の穴位を擦拭する。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册9"

| | Comments (0)

メール相談(剥脱性口唇炎)

30代の男性、やや痩せ型。
もっとも治して欲しいこと:剥脱性口唇炎
2番目:不眠症
「小学生ぐらいから、20年以上完治しない。現在は4,5日くらいかけて徐々に唇の皮が剥がれてきて、最終的にお風呂などでふやけて完全に剥がれるという状態を繰り返しています。痒み、痛み、滲出液などはありません。状態は季節に関係なく、1年を通して同じです。食後に腹部膨満感がある。」

漢方相談への返事:
唇と舌の写真から湿潤性の白苔が厚く歯痕が目立つこと、気虚湿盛であることが分かります。
また日中の排尿回数と量が明らかに増えたり、唾液が多い、腸が鳴る、足が冷えるなどから脾胃の冷えが伺われます。
フケ性、食べてもすぐ腹が減るのは脾陰の虚で、陰虚から風が誘われています。
口唇は脾胃につながっていて、その影響を強く受けます。
長年の剥脱性口唇炎も脾の気陰両虚により風を引きよせて剥離を繰り返すのでしょう。
フケも唇の剥離も同じ現象です。

おすすめの漢方処方:参苓白朮散エキス

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册8

(2)毒擾心神証
臨床表現 壮熱已まず(体温持続 39~40℃以上)或いは起伏して定らず,煩渇,神迷,甚しければ神昏,舌紅絳,苔少,脈細数。
病機 疫毒熾盛,充斥内外(内外ともに充満),侵擾心神。
治則 清熱泄毒,透熱達邪,寧心安神。
処方 紫雪丹
参考用法 毎次 1.5~3g,口服,一日 2回。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册8"

| | Comments (0)

運気論の竜砂医学

中国には五運六気の運気論で今度の新型コロナの流行を論ずる【竜砂医学】という一派があり、顧植山教授らが主導しているようです。

運気理論の根拠は“疫毒は必ず時気を藉カりて侵入する”と考え、今度の新型コロナの流行は疫毒と時気とが同時に作用した結果であると。
2019年 己亥(つちのとい)の歳末から新型コロナが発生したのは“2017年 丁酉(ひのととり)が其の位を失守した”、“三年変癘”を基礎とした疫癘である。其の伏邪の性質は伏燥で,病位は太陰である。
2020年 庚子(かのえね)歳の,整体運気は金運太過,少陰君火が司天で,陽明燥金が在泉,これは火熱金燥という整体の格局を現わしている。
金運太過だと,木が邪を受ける。火が燥を生じ易いと,肺金は受損する。肺は華盖であり,金運が失司すると,升降開闔はみな其の序を失うと。また、サイトカインストームのことを“炎症風暴”と称している。
庚子岁新冠感染肺炎重症“炎症风暴”病机分析及中医对策 より
※ここまで来ると観念が先行していて、ちょっと着いていけない!?

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册7

3. 辨証分型論治
(1)熱結胸膈証
臨床表現 表鬱は已に微かで,汗が出ても不暢,裏熱が偏重している。煩躁口渇,面赤唇焦,胸膈煩躁,口舌に瘡を生じ,譫語狂妄,或いは咽痛吐衄,大便熱結,小便短赤,舌紅苔黄,脈滑数となる。
病機 熱毒火邪が胸膈に鬱結する。
治則 瀉火解毒,清上泄下。
処方 凉膈散
参考用法 連翹12 黄芩・梔子10 酒大黄6~10,芒硝6~9,薄荷9 竹葉12 甘草6。

方義 凉膈散原方《太平恵民和剤局方》,瀉火通便、清上泄下の功あり,上、中二焦の火熱証を主治する。連翹は軽清透散,清熱解毒,透散上焦熱に長ず。黄芩は胸膈の鬱熱を清す。山梔は三焦を通瀉し,引火下行す。大黄、芒硝は瀉火通便し,中焦の燥熱内結を蕩滌す。薄荷は頭目を清し、咽喉を利す。竹葉は上焦の熱を清す。甘草は諸薬を調和す。全方の配伍により,瀉火解毒、清上瀉下の功を奏する。
张伯礼 新型冠状病毒肺炎 中医诊疗手册 より
※新型コロナに凉膈散を使う例は初めて見た。

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册6

三、重型治療
1. 分型特徴
重型は疫毒内伝に属し,熱鬱胸膈、擾動心神から,甚しくは邪毒閉肺、腸道熾結という階段になる。高熱、神昏、胸悶、気喘、便秘 等の裏熱気滞の症状が現れ,まだ呼吸欲絶、脈微欲脱 等の危重征象にはなっていない

2. 辨治要点
①瘟疫熱毒が深くなり,裏熱が愈イヨイヨ熾烈となる。此の時には瀉熱透邪の基礎に立って,内外分消をしなければならない。
②同じ高熱でも,辨証は異る:
熱毒火邪が上焦に鬱結し,気熱爍津となるなら,清上瀉下しなければならない。;
熱と湿が結び,湿熱并重となるなら,利湿化濁しなければならない。;
邪毒閉肺,熱結腸燥となるなら,通腑瀉熱しなければならない。;
疫毒熾盛,高熱神昏となるなら,清熱安神しなければならない。
瘀毒互結なら,瘀毒同治をしなければならない。辨証用方に注意が必要となる。
张伯礼 新型冠状病毒肺炎 中医诊疗手册 より

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册5

4. 辨病対症治療
(1)発熱
本病の潜伏期は一般に3~7日,最長は10~14日。早期は発熱だけが,一般に5~7日ある。此の時は病毒が盛んでもまだ正気は弱まっていないから,やっつけるにはこの時を於いて他はない。如し中薬で早期に控制すれば,直ぐに恢復期に入る。
柴胡、葛根、金銀花、連翹、葱白、豆豉 等の薬物を酌加して,退熱の功を強める。同時に手太陰肺経、手陽明大腸経、督脈の穴位を選んで推揉按摩を行う。列缺、合谷、大椎など。また足少陽胆経の風池穴、経外の奇穴や太陽穴なども。小児患者に対して,尤も良いのは天河水を推拿して退熱する療法です。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册5"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册4

(3)湿熱疫毒蘊肺証——湿>熱型
症状 疫毒の初起で,発熱が午后に甚しくなり,汗が出ても暢ココチヨクならず,胸悶脘痞,嘔逆して食欲不振,腹瀉か便秘,肢重酸楚,口干しても飲水は少ない,干咳か呛咳,或いは咽痛を伴い,口苦か口中黏膩,舌紅く苔黄膩か白厚膩,甚しければ積粉の如く白厚,脈滑数。
病機 湿熱疫毒蘊肺,鬱閉肺衛。
治則 利湿化濁,清熱解毒。
処方 甘露消毒丹、達原飲加減
参考用法 滑石12 黄芩・茵陳10 石菖蒲9 藿香10 白蔻仁6 檳榔10 草果6 厚朴10 連翹15 薄荷6 射干9 甘草6

方義 甘露消毒丹《医効秘伝》,主治は湿温、時疫,邪留気分,湿熱并重の証。全方は化湿辟穢,清熱解毒。
方中の滑石、茵陳は清熱利湿,黄芩は清熱燥湿,瀉火解毒,三薬が相合して,共に君薬なり。湿熱留滞すれば,気機を阻み易し,故に石菖蒲、藿香、白豆蔻を臣として行気化湿す。連翹、射干、薄荷を佐として,合せて清熱解毒散結,宣化気機す。
達原飲《温疫論》,本方は檳榔、厚朴、草果を合せて疏利透達の功を増強す,檳榔は消磨して伏邪を除き,厚朴は除湿散結,草果は辛烈気雄散邪,よって気行湿化、抜除疫毒となる。
张伯礼 新型冠状病毒肺炎 中医诊疗手册 より
※朝起きた時は平熱で、午後になると上がってくるのは湿>熱型。新型コロナはこのタイプが多い。

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册3

(2)湿熱疫毒蘊肺証——熱>湿型
症状 疫毒の初起で,発病が急驟,発熱,微悪寒,口干,干咳、少痰か血絲痰あり,無汗か少汗,頭痛,全身酸痛,神疲乏力,或いは腹瀉を伴う。舌淡紅,苔薄白か微黄,脈数。
病機 湿熱疫毒蘊肺,鬱閉肺衛。
治則 辛凉宣泄,化湿透邪。
処方 升降散、梔子豉湯加味
参考用法 僵蚕10 蝉蛻・大黄6 姜黄・梔子・豆豉10 芦根30 金銀花15 藿香10 草果6 虎杖9 魚腥草15

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册3"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册2

二、普通型治療
1. 分型特徴
普通型とは疫毒を外感し,侵襲が体表と呼吸器へ及んだ段階を指す。発熱、干咳、筋肉疼痛、倦怠乏力 等の衛表症状があり,まだ高熱、大量の咯痰、便秘 等の裏熱症状は出ていない。

2. 辨治要点
①疫毒襲肺には大剤量の苦寒剤を用いて凉遏冰伏させるのは宜しくない。;もし腹瀉を伴えば,同じく苦寒は宜しくない。
②湿邪阻滞に対してただ燥湿するだけではいけない。宣化湿邪,透邪外出,或いは通陽滲湿を,また湿熱互結なら清透并用をしなければならない。湿邪が重ければ予め出路を設けること,正に葉天士の所説の如く“或いは透風は熱を外に出すよりも,或いは滲湿は熱を下すよりも優る,熱と争っても,太刀打ちはできない”。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册2"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册1

Photo_20200518095701

もっとも大切なのは発病の初期に完治さすこと、重くなってから治しても手柄にはならない。

「張伯礼 新型冠状病毒肺炎 中医診療手册」の紹介
 中国中医薬出版社 2020年2月第1版

一、軽型の治療
1. 分期
軽型とは,僅かに微熱や軽い倦怠感等の軽微な症状だけで,肺炎ではないもの。

2. 辨治要点
①外邪は初起には肺衛を侵犯するが,寒熱湿がまだはっきりとしない。だから用薬は軽霊疏透にしなければならない。もし苦寒温燥に偏ると,正気を傷つけることになる。
②此の時は預防を主とし,防治を合せて,病気の進行を防止する。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册1"

| | Comments (0)

新華網の記事より

2020-03-11
新華網:新冠肺炎の恢復期の治療は?

肺脾気虚証:気短﹑倦怠乏力﹑食欲不振 嘔悪﹑痞満﹑大便無力﹑便溏不爽﹑舌淡胖﹑苔白膩。
治法:補益肺脾
処方:六君子湯加減(党参﹑黄芪﹑白朮﹑陳皮﹑半夏﹑茯苓﹑藿香﹑砂仁﹑甘草等)

気陰両虚証:乏力気短﹑口干﹑口渇﹑心悸﹑汗多﹑食欲不振﹑低熱或不熱﹑干咳少痰﹑舌干少津,脈細或虚無力。
治法:益気養陰
処方:麦門冬湯加減(南北沙参﹑麦冬﹑西洋参﹑五味子﹑生石膏﹑淡竹葉﹑桑葉﹑芦根等)

新華網:感染予防にはどのような方法がありますか?

①薬物予防:玉屏風散加減など。
②艾灸予防:艾香﹑艾灸。
③中薬香嚢や中薬足浴等。
④保健操:八段錦﹑五禽戯等。
⑤保健中薬:黄芪﹑霊芝﹑枸杞﹑西洋参﹑冬虫夏草等。

新華網:如何にして中医薬で免疫力を高めるか?

《黄帝内経》には“正気が内に存すれば,邪は干オカす可からず”とある。冬虫夏草、黄芪、霊芝、人参等はみな免疫力を増加し,呼吸を強くして抵抗力をつける。例えば,冬虫夏草が主成分の金水宝などがある。
中医药正深度介入新冠肺炎予防与治疗 より

| | Comments (0)

《時病論》の透邪思想3

3 透邪験案例
3.1 滋膩薬を誤用し,気機が閉塞した
云岫孫某,平素から痩せていて,吸烟する弱い体質だったが,咳嗽と熱渇を患い,半月ばかりになる。
前医は皆 陰虚肺損とした。服薬したのは,地、味、阿膠ではなく,沙参、款、麦だったが,治そうとすればするほど悪くなった。
其の脈を按ずると,搏大で有力,重取すれば滑数,舌絳苔黄,熱渇咳嗽であり,此れは明らかに風温の邪が,肺胃に盤踞したものである。
前方はみな滋膩のもので,益々気機を閉塞させ,邪は達解できない。暢肺,清胃のため,辛凉解表法(薄荷4.5 蝉蛻3 前胡4.5 淡豆豉12 栝蒌殻6 牛蒡子4.5)とし,芦根、花粉を加えて治した。服すること二剤で,胸は次第に寛ぎ,咳も暢快となり,気分が良くなった。脈を復診すると稍緩だが,まだ沈である。舌苔は化燥し灰色で,身熱は火の如く,口渇して不寐,此れは温邪の勢いがまだ衰えず,津液が被劫している。旧法を姑守し,薄荷を去り,石膏、知母を加入する。服すること三剤にして,肌膚から微かに汗が出,体熱は退き,舌上に津液が戻り,脈は緩怠に転じた。後は調補を続けて,次第に良くなった。

Continue reading "《時病論》の透邪思想3"

| | Comments (0)

《時病論》の透邪思想2

2 透邪方薬例
雷氏の治温の大法を綜観するに,“透“の無いものは無い。透法は実に衛気営血の全過程を貫いている。感邪と病程は異なる故,透邪の方法も各々異る。

2.1 辛凉解表法
風温の初起,風熱の新感,冬温襲肺の咳嗽を治すには。
薄荷(一銭五分),蝉蛻(一銭,去足翅),前胡(一銭五分),淡豆豉(四銭),栝蒌殻(二銭),牛蒡子(一銭五分)煎服。如し口渇あれば,再加花粉。
此の法は辛凉を取る。風温の初起を治すには,伏気の有無を論ぜず,皆先ず施すべし。
薄荷、蝉蛻を用いて,其の表を軽透し,前胡、淡豉は,其の風を宣解する。葉香岩 云わく:温邪を上に受ければ,先ず肺を犯す。故に蒌殻、牛蒡を佐として其の肺気を開き,気分が舒暢になれば,新邪も伏気も,均しく透達する。

Continue reading "《時病論》の透邪思想2"

| | Comments (0)

《時病論》の透邪思想1

清代の著名な医家である雷豊,字は少逸,著に《時病論》、《医博》、《医約》等がある。《時病論》全書は四時温病を主にし,兼ねて瘧痢泄瀉の諸証を論じ,実に温病学の重要な著作である。雷氏の温病治療は透邪外出に注意し重視している。《時病論》を綜観すると一書中に“透“の字が74ケ処も出現し,軽清透達の方薬を専ら使用している。

1 透邪内涵と機理
“透“とは,透達、透散、透発、宣透、通透の意で,軽清透達(散、発)の品を使用して,邪気を表からそのまま出すか裏から外へと出すか、深きから浅きへと出して解消する治法を指す。温病の透法を用いる主要目的は温病の“邪鬱“という病機に対してである。
温病の初起は,温邪は衛分に鬱遏し,発熱悪寒,無汗か少汗,咳嗽等は,温邪が気に入り,気機を鬱阻するので,壮熱、便閉,や身熱不揚,有汗不暢等を現す。
温邪が営血に深く入ると,血分を鬱阻し,身熱夜甚,吐血、衄血、斑疹等を現す。
温病の后期に,邪が陰分に滞ると,夜熱早凉,熱退き無汗等を現す。
更に温病の初起に薬が不当だったり,苦寒を濫用したり滋膩を過用すると,遂には邪鬱は解せず,纒綿として愈え難くなる。
凡そ此れは皆 邪が鬱っして外出の機が無いからです。故に凡そ邪気鬱結ありて透し難き証には,皆 透法を用いなげばならない。其の作用機理の主要は気機を疏暢し,透邪外出するに在る。雷氏は《時病論》の中で“透“の字を反復強調し,自らの創方した中で4个の方剤に直接“透“をつけて命名した。清凉透邪法、清凉透斑法、宣透膜原法、宣陽透伏法等の如し。并びに透法を以って終始 温病治療を貫穿しているのを,見ても其の透邪思想を重視しているのが分かる。
雷少逸!时病论"透邪思想浅析 より
※朝は軽く夜になると熱が高くなるのは既に温邪が営血に深く入っている。

| | Comments (0)

湿温病4

2. 湿熱并重証
・湿熱中阻‥‥王氏連朴飲(川連、梔子、厚朴、半夏、菖蒲、豆豉、芦根)
・湿熱蘊毒‥‥甘露清毒丹(茵陳、藿香、黄芩、連翹、薄荷、菖蒲、蔻仁、滑石、木通、貝母、射干)
・湿熱醸痰,蒙蔽心包‥‥菖蒲鬱金湯(菖蒲、鬱金、玉枢丹、竹瀝、滑石、木通、灯心草、菊花、牛蒡子、丹皮、梔子、連翹、竹葉) +至宝丹or蘇合香丸

3. 熱<湿 証
・胃熱夾有脾湿‥‥白虎加蒼朮湯

4. 后期余湿未尽証‥‥薛氏五葉芦根湯(藿香葉、佩蘭葉、鮮荷葉、薄荷葉、枇杷葉、芦根、冬瓜葉)

5. 湿邪化燥証:閉阻心包 傷絡便血‥‥犀角地黄湯加紫草、地楡炭、側柏炭

6. 湿邪寒化傷陽証‥‥呉氏四加減正気散(藿香、厚朴、陳皮、茯苓、草果、楂肉、神曲)
 寒湿重傷脾腎陽気‥‥薛氏扶陽逐湿湯(人参、附子、益智仁、白朮、茯苓)
 腎陽衰微,水湿内盛‥‥真武湯(茯苓、白芍、生姜、白朮、附子)
温病学 より
※湿>熱、湿熱并重、熱<湿 の三期のうち まだ邪が膜原にある時に透達・宣化することが肝要。

| | Comments (0)

湿温病3

湿阻膜原
“膜原”の詞は《内経》より起り,薛生白、呉又可、葉天士、雷少逸 らに皆 辨治があり,臨床価値は大きい。臨床上 胆道感染、壊死性淋巴結炎、免疫疾患、高熱不退 等は皆 此の辨証論治に則る。
病機病位:薛生白 曰く:“外は肌肉に通じ,内は胃腑に近く,三焦の門戸であり,実に一身の半表半裏也”。又説く:“膜原は陽明の半表半裏”,意味は一致する。胃は水穀の海ゆえ,一身の気血を主る,此れは足少陽、陰陽の枢なり。肌肉(胸中)—→膜原—→陽明。

Continue reading "湿温病3"

| | Comments (0)

湿温病2

湿温は湿と熱で相矛盾するものがセットになっているので、発熱は微熱が多い。また口干があっても飲みたがる程ではない。大便が数日無くても干結にはならない。湿熱が大腸へ迫ると下痢便になる。
湿温は上焦では、頭重・胸悶・感受性の昏昧となる。(匂いや味覚も)
中焦では、腹脹痞・悪心嘔吐・便秘か下痢になる。
下焦では、小便不通・陰部潮湿・便血となる。

湿温の辨証論治
1.湿>熱 証
・湿遏衛気‥‥藿朴夏苓湯(藿香・淡豆豉・半夏・白蔻仁・沢瀉・杏仁3 赤茯苓5 生薏苡仁6 猪苓4 厚朴2)、三仁湯(杏仁・半夏5 滑石・生苡仁6 通草・白豆寇・竹葉・厚朴2)
・湿阻膜原※‥‥薛氏方(藿香、蒼朮、菖蒲、半夏、柴胡、六一散)、呉氏方(黄芩、知母 芍薬、黄芩、甘草、草果)、雷氏宣透膜原法(藿香葉、半夏、檳榔、厚朴、草果、黄芩、甘草、生姜、黄芩、生姜、甘草)
・湿困中焦‥‥雷氏芳香化濁法(藿香葉・佩蘭葉3 陳皮・半夏6 大腹皮・厚朴3 鮮荷葉9)
・湿濁蒙上,泌別失職(蒙上流下証)‥‥蘇合香丸;茯苓皮湯(大腹皮、淡竹葉、猪苓、茯苓皮、生苡仁、白通草)
・湿阻腸道,伝導失司‥‥宣清導濁湯(茯苓、猪苓、寒水石、晩蚕砂、皀莢子)
温病学 より
※湿阻膜原がポイント、これはページを別にします。

| | Comments (0)

湿温病1

中医学では伝染性熱病を傷寒病温病に分けています。
風寒によるものを傷寒病とし、それ以外の熱病を温病とします。
今回の新型コロナウイルス感染症は中国では湿毒疫、湿瘟、寒湿疫など色々な呼称で論じられていますが、これらは広義の温病の範疇に入ります。
温病は 風温、春温、暑温、湿温、伏暑、秋燥、温毒 などに分類されます。
温病には季節性があり、これを“四時温病”という。たとえば温熱性のものは冬温(風温)、春温、暑温、秋燥など。また湿を兼ねると湿熱病として湿温、伏暑とする。
温病のなかでも強烈な伝染性を持つものは温疫といい、腫毒を伴えば温毒という。
我が国では傷寒についてはよく研究されていますが、温病についてはそれほどでもありません。まして湿温については殆ど論じられたことはありません。新型コロナが最も近いのは湿温だと考えられます。

湿温の特徴
1.発病時は 湿>熱 である。
2.発病や伝変が緩慢で、病程が長い。
3.病位は脾胃で、(衛気営血の)気分に稽留する。
温病学 より

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より13

●后期(恢復期)
余邪が留恋しており,邪は去ったが正虚となっている;肺脾は気虚で,脾胃はまだ呆滞なままの恢復期である。

1.余邪留恋証
辨証要点:身熱は已に退き,微熱,煩躁,食欲不振,胸悶,大便黏滞して不爽,舌質暗,苔多くは膩,脈濡細数無力。
病機:邪気は已に退いたが,正気は未だ回復していない。余邪が未だ解けず,気陰両傷,脾胃呆滞,中気は未だ醒めず。
治法:軽清芳化,清解余邪;醒脾和胃,益気養陰。
処方:五葉芦根湯(藿香葉、薄荷葉、鮮荷葉、冬瓜子、佩蘭葉、枇杷葉、芦根、西洋参、茯苓、白朮、扁豆、生麦芽等)
方解:五葉芦根湯 薛生白《湿熱病篇》,薬物は芳香化湿,醒脾和胃と,同時に軽清宣肺,益気養陰であり湿邪の碍げにならない。肺脾功能の恢復に有利である。

Continue reading "COVID-19中医方案より13"

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より12

●極期(危重期)
確診病例で失治すると,湿濁毒邪から,一歩進んで化燥傷陰により,心包内閉となる;真陰耗竭と,失血過多のため,気は依附するところが無くなり,真気は外脱し,一連の“内閉外脱”の凶険証候を呈現する。病情が悪化すると“急性呼吸窘迫綜合群、感染性ショック、弥漫性血管内凝血”等の多臓器不全,酸素低下,肺部CT検査では大量の滲出性の重症という危機的段階が出現する。此の時には“病と証を結合し、中西医并重”と,酸素呼吸器サポートを採用し、ICUで救治しなければならない。

Continue reading "COVID-19中医方案より12"

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より11

6.化燥入血,邪閉心包,灼傷脈絡証
辨証要点:発熱,神昏譫語,煩躁不安,胸痛、喘促、咳血、便血,舌質紅絳,脈細数。
病機:湿濁が化燥化火し,深く血分に入り,心包を濁閉し,神志不清となる;肺絡を灼傷し,血逆して脈外へ;或いは腸絡を灼傷し,迫血して下行する。確診病例の危急重症に多く,証候は復雑で,常に合并して出る。
治法:凉血解毒,活血止血,開竅醒神。
処方:犀角地黄湯,解毒活血湯

Continue reading "COVID-19中医方案より11"

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より10

5.湿濁蘊毒,蒙蔽心包証
辨証要点:或いは発熱し,身熱は揚らず,神識昏蒙,舌質紅か絳,舌苔黄膩,脈濡滑数。
病機:湿濁蘊熱が,営分に波及し,醸痰成毒となり,心包を蒙蔽する。辨証の鍵は湿濁が重く,熱が軽いこと。確診病例の重症危重な患者に多い。
治法:清化湿熱,豁痰開竅。
方剤:菖蒲鬱金湯加減、蘇合香丸

Continue reading "COVID-19中医方案より10"

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より9

4.湿濁化熱,肺胃同病証
辨証要点:発熱して或いは高熱,胸痛脘痞,咳嗽咯痰,或いは痰少く色黄,口渇,倦怠無力,咽喉紅腫,小便黄,舌紅或いは暗紅,脈濡滑数。
病機:湿濁鬱久して化熱,湿熱阻肺,陽明熱盛,湿熱の病い重く,肺胃の同病である。確診病例か医学観察期較が長びき陽から熱へと転化した重症患者に多い。
治法:祛湿化濁,清熱解毒。
方剤:甘露消毒丹,白虎加蒼朮湯

Continue reading "COVID-19中医方案より9"

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より8

3.湿濁困阻,内陥膜原証
辨証要点:往来寒熱,胸悶嘔悪,食欲不振,頭痛,心煩,口苦,咽干,目眩,舌辺深紅,舌苔垢膩,或いは苔白厚く積粉の如し,脈弦数 按んずれば減,或いは弦濡数。確診病例の初期か医学観察期の患者に多い。
病機:湿濁中阻,枢機不利。《湿熱条辨》:“邪を上より受け,中道へ直趨する,故に多くは膜原に帰す”。
治法:和胃降逆,祛湿化濁。
方剤:小柴胡湯、達原飲

Continue reading "COVID-19中医方案より8"

| | Comments (0)

新型コロナ実例5

新型コロナの対応処方が増えてきたので再度検索してみます。
ニューヨーク在住40代の“COVID-19に罹患した医師”

症状の初めは
「発熱は出たり引っ込んだり、午后になって少々あったり。後頭部の頭痛と倦怠感のみ。」
でした。この段階で手を打っていれば後に呼吸困難にまで進むことは無かった。

倦怠感・頭痛・微熱で検索してヒットするのが湿邪困脾,清陽不升証です。

病機:湿邪困脾,清陽不升,濁陰不降。

升陽益胃湯(黄芪、半夏、人参、独活、防風、白芍薬、羌活、陳皮、茯苓、柴胡、沢瀉、白朮、黄連、升麻、川芎、葛根、炙甘草)

李東垣《内外傷辨惑論》,本方は補益脾胃升陽,清熱除湿降濁である。全方は補気と升陽薬を配伍し,補中と升を;健脾と利湿薬を配伍し,補の中に瀉がある;升陽と滲利薬を同用して,升清降濁し,健脾と清熱を同治し,補中に瀉あり,標本兼治である。
※倦怠感で始まる例が大変多いが、内因としての“虚”があると考えてよい。この例もやはり本治が必要だった。

| | Comments (0)

COVID-19中医方案より7

2.湿濁困脾,清陽不升証
辨証要点:身熱揚らず,頭昏頭痛,食欲不振で吐かんと欲す,胸脘痞満,倦怠乏力,便溏不爽,舌苔白膩,脈濡緩か濡数,両寸は沈にして無力。
病機:湿邪困脾,清陽不升,濁陰不降。確診病例や医学観察期が長く陰寒へと転化した患者に多い。
治法:健脾化湿,升陽降濁。
方剤:升陽益胃湯(黄芪、半夏、人参、独活、防風、白芍薬、羌活、陳皮、茯苓、柴胡、沢瀉、白朮、黄連、升麻、川芎、葛根、炙甘草)
方解:升陽益胃湯 李東垣《内外傷辨惑論》,本方は補益脾胃升陽,清熱除湿降濁である。全方は補気と升陽薬を配伍し,補中と升を;健脾と利湿薬を配伍し,補の中に瀉がある;升陽と滲利薬を同用して,升清降濁し,健脾と清熱を同治し,補中に瀉あり,標本兼治である。
现代中医诊疗建议方案与探讨 より
※長期化すると陰寒へと転化する場合がある。補と瀉で標本兼治。

| | Comments (0)

新型コロナ実例4

7人の証言 私はこうしてコロナから生還した
「週刊新潮」2020年5月7日号 掲載

42歳、男性。4月10日に“陽性”と分かり、保健所からの通知には<重篤な肺炎>という診断が記されている。
「3月下旬から高熱が続き、4月の初めにはカレーライスの匂いが消えて、何を食べてもしょっぱく感じるようになりました。咳も激しさを増して、息をするだけでむせ返るような状態。そのせいで胸が筋肉痛になったほどです。とにかく空咳が止まらないので呼吸困難に陥らないか心配で堪りませんでした。しかも私は以前から糖尿病を患っていて、‥‥」
この方も“病床に空きがないので入院はできません”とはねつけられました。

高熱で咳をするたびに胸や脇が痛むほど(咳嗽引痛)で空咳が止まらないのは大変苦しい。
発熱の日数も経過しており糖尿病の持病もあることだし、温燥証が考えられる。
幸い「COVID-19中医方案より5」に 4.風熱濁毒,侵襲肺衛証 がある。
病機:冬天に温暖多風であると,風熱時毒を産生し,湿性濁毒を挾み,肺衛に侵襲し,肺衛失宣となり易く,表裏同病である。

新加升降散,銀翹散、桑菊飲、桑杏湯加減(連翹、銀花、桔梗、薄荷、竹葉、生甘草、芥穂、淡豆豉、牛蒡子、桑葉、菊花、杏仁、芦根、梔皮、梨皮、沙参、藿香、扁豆、僵蚕、姜黄、蝉蛻、生大黄)

※肺炎ともなると、風熱濁毒のように“”を含むようになる。

| | Comments (0)

新型コロナ実例3

7人の証言 私はこうしてコロナから生還した
「週刊新潮」2020年5月7日号 掲載

40代男性は、3月末に38度近い熱に見舞われたのだが、‥‥「一週間38度を超える熱が下がらず、下痢も酷く、一日に10回もトイレに駆け込むほどだった。」
この方は昨年大腸がんの手術をして、今も抗がん剤治療を受けている。

抗がん剤治療で内が陽気不足になっている所へ風熱の邪を感受したのだから、発熱と下痢は表熱裏寒証と考えられる。
外邪+内因→“外感風寒,内傷暑湿,内外合邪”=暑湿夾寒証;藿香正気散
※軽症のうちに散らすのが最善。やはり新型コロナは内外ともに“湿”がらみが多いのかな?

| | Comments (0)

新型コロナ実例2

7人の証言 私はこうしてコロナから生還した
「週刊新潮」2020年5月7日号 掲載

男性35‥‥3月30日のことだ。「朝起きた時に、軽い頭痛と腰の周りに重りをつけられたようなダルさを覚えたんです。翌日には体温が37.5度まで上がったものの、‥‥ただ,4月3日の朝に飲んだオレンジジュースの味がおかしかったんですね。甘味も酸味も感じなくて,水で10倍に薄めたみたいだった。」

「翌4日に症状が一気に悪化しました。激しい頭痛に吐き気、大量の汗。加えてひどい眩暈に襲われてトイレにも這って行くような有り様でした。」
この方はPCR検査の結果が出るまでは自宅療養を言い渡され、“なんとか市販薬でしのいでください“と云われた。

「腰の周りに重りをつけられたようなダルさ」というのに“湿”の存在が感じられる。
「頭痛に吐き気、大量の汗」からはこの所の温暖な季節柄、“暑湿”さえ思わせる。
そこで推定されるのは、暑湿夾寒証の藿香正気散である。
※藿香正気散なら市販薬にあるから少しは助けになるだろう。
(藿香・蘇葉・陳皮・茯苓・蒼朮・厚朴・半夏・白芷・大腹皮10 生姜3片)

| | Comments (0)

新型コロナ実例1

7人の証言 私はこうしてコロナから生還した
「週刊新潮」2020年5月7日号 掲載

男性37は‥‥「3月27日に38.1度の熱が出て、それからは朝方こそ36度台に下がっても徐々に熱が上がり、夜には39度台に達する日々が続いたんです。味覚も臭覚もほとんどなくなって、鈍器で殴られているような"ズーンズーン“という頭痛に悩まされました。関節が痛んで夜中に何度も目が覚めるし,腰痛もツラかった。それこそ、腰が服の生地に触れるだけで鋭い痛みが走るんです。千本の針でブスプスッと刺されているような感覚でした。‥‥体の寒気は引かないのに、頭だけが沸騰したお湯をかけられたみたいに熱い。高熱のせいで顔は真っ赤になって、目も赤く血走っていました。ぉ風呂に水を張って、頭だけ突つ込んだこともあります。」

Continue reading "新型コロナ実例1"

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »