« 新型コロナ 中医診療手册12 | Main | 蘇軾と聖散子方 »

新型コロナ 中医診療手册13

六、予防
1. 内服方1
処方 藿香10 紅景天15 金銀花10 貫衆・虎杖6 芦根15
功効 芳香化濁,益気解毒。

方義 藿香は芳香和中,化濁辟穢,辛温散表により祛邪,芳香化濁により辟穢,《本草正義》言わく“芳香は能く中州の清気を助け,勝湿辟穢す”。
紅景天は補気清肺,《本草綱目》言わく:“本経の上品,邪悪の気を祛り,諸不足を補う”,だが“補益薬の中には入らない”;蔵医《四部医典》では“性平……主治は周身乏力、胸悶、悪心、体虚等の症”。二薬の并用で,紅景天一補一清,藿香一化一散,紅景天、藿香一凉一温,一清一散,寒温并用,清散同工,共に君薬である。

金銀花、貫衆、虎杖はみな清熱解毒,金銀花は清熱解毒,并せて一定の解表の功あり,《重慶堂随筆》言わく“温疫穢悪濁邪を解す”;貫衆は清熱解毒,中医薬の常用預防薬物である,如えば《会約医鏡》言わく“時行疫気を解す”,《本草正義》言わく“時疫盛行には,水槽の中に入れて,常飲すれば伝染せず,井中に一枚を沈めれば,百毒は犯さず,解毒の功は,独特で,軽んずべからず”;虎杖は清熱解毒,利湿化濁,《肘后方》の中では“時疫流毒が手足を攻める”症に。三薬を共用すれば,君薬の解毒化濁の功を強くし,しかも臣薬ともなる。
芦根は甘寒,清熱生津,滋肺清肺,《医学衷中参西録》謂う “其の性凉にして善く升る”,上升の力は頗る強く,能く引薬して肺経に入れ,佐使の薬となる。 諸薬を共用すれば,芳香化濁,益気解毒の剤となる。

2. 内服方2
処方 藿香・金銀花10 白芷・草果6 芦根・白茅根15
功効 化濁和中,利湿解毒。

方義 藿香は升清降濁,行気化湿,《名医別録》言わく“悪気を去る”; 金銀花は清熱解毒,《重慶堂随筆》言わく“温疫穢悪濁邪を解す”。二薬は一散一清,清熱解毒,芳香辟疫で,君薬となる。
白芷《本草綱目》言わく“色白味辛……芳香は上達し,手太陰肺経に入る”“其の香気は烈しい”,藿香の燥湿化濁を助ける。草果は辛香化濁,辟穢止嘔,宣透伏邪,《温疫論》謂わく“辛烈で気雄,伏邪盤踞を除く”。白芷、草果を同用して,臣薬とする。
白茅根、芦根は甘寒,清熱利湿,益胃和中,滋肺清肺,二薬を同用すれば金銀花の清熱を助け,藿香の傷陰を防ぎ,佐薬とする。芦根,《医学衷中参西録》謂わく“其の性凉にして善く升る”,上升の力は頗る強く,能く引薬して肺経に入り,使薬となる。
金銀花、芦根、白茅根は清熱解毒,潤肺生津;藿香、白芷、草果は芳香化濁,利湿和中,六味の薬物は互いに助けあい,化濁和中,利湿解毒の功を奏する。

3. 外用方
処方 藿香・制蒼朮20 菖蒲15 草果10 白芷12 艾葉10 蘇葉15 貫衆20
功効 燥湿化濁,芳香辟穢。
用法 水煎して室内を熏蒸したり,研末して香嚢として身に着ける。

方義 清代の温病学家 呉鞠通は《温病条辨》で云う:“温疫とは,癘気の流行で,多くは穢濁を兼ねる。”藿香は芳香行散,能く湿濁を化す,《本草正義》言う“芳香にして其の猛烈を嫌わず,温煦にして燥烈に偏らず,能く陰霾湿邪を祛除す”;制蒼朮は,燥湿健脾,《本草経注》言う“悪気を除き,災疹を弥カクす”,二薬を同用すれば,芳香辟穢,理気健脾,燥湿化濁,共に君薬となる。
菖蒲は芳香化濁,健脾理気,祛湿解毒,《本草新編》言う“通気には蒼朮を君とすべし”,蒼朮を助けて健脾通気化濁の功を増す;白芷《本草綱目》言う“色白く味辛”,性温にして気厚,蒼朮の燥湿化濁を助ける;草果は辛香宣透,《温疫論》謂う“辛烈気雄,伏邪盤踞を除く”;艾葉は苦辛性温,芳香温散,《本草从新》謂う“能く諸経に透り百病を除く”,共に藿香の芳香辟疫を輔ける。
菖蒲、白芷,草果、艾葉はみな臣薬なり。蘇葉は風寒を外散し,其の性は発散し,君臣の薬の芳香外散を助け,穢濁疫毒の邪を駆逐し,佐助となる;貫衆は清熱解毒,其の性は寒凉,温熱の剤に入れて,反佐となる。全方で,君臣相い助け,佐使相い協し,共に燥湿化濁,芳香辟穢の功を奏す。
张伯礼 新型冠状病毒肺炎 中医诊疗手册 より

|

« 新型コロナ 中医診療手册12 | Main | 蘇軾と聖散子方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新型コロナ 中医診療手册12 | Main | 蘇軾と聖散子方 »