« 新型コロナ実例3 | Main | COVID-19中医方案より7 »

新型コロナ実例4

7人の証言 私はこうしてコロナから生還した
「週刊新潮」2020年5月7日号 掲載

42歳、男性。4月10日に“陽性”と分かり、保健所からの通知には<重篤な肺炎>という診断が記されている。
「3月下旬から高熱が続き、4月の初めにはカレーライスの匂いが消えて、何を食べてもしょっぱく感じるようになりました。咳も激しさを増して、息をするだけでむせ返るような状態。そのせいで胸が筋肉痛になったほどです。とにかく空咳が止まらないので呼吸困難に陥らないか心配で堪りませんでした。しかも私は以前から糖尿病を患っていて、‥‥」
この方も“病床に空きがないので入院はできません”とはねつけられました。

高熱で咳をするたびに胸や脇が痛むほど(咳嗽引痛)で空咳が止まらないのは大変苦しい。
発熱の日数も経過しており糖尿病の持病もあることだし、温燥証が考えられる。
幸い「COVID-19中医方案より5」に 4.風熱濁毒,侵襲肺衛証 がある。
病機:冬天に温暖多風であると,風熱時毒を産生し,湿性濁毒を挾み,肺衛に侵襲し,肺衛失宣となり易く,表裏同病である。

新加升降散,銀翹散、桑菊飲、桑杏湯加減(連翹、銀花、桔梗、薄荷、竹葉、生甘草、芥穂、淡豆豉、牛蒡子、桑葉、菊花、杏仁、芦根、梔皮、梨皮、沙参、藿香、扁豆、僵蚕、姜黄、蝉蛻、生大黄)

※肺炎ともなると、風熱濁毒のように“”を含むようになる。

|

« 新型コロナ実例3 | Main | COVID-19中医方案より7 »

治験」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新型コロナ実例3 | Main | COVID-19中医方案より7 »