« 新型コロナ 中医診療手册7 | Main | 新型コロナ 中医診療手册8 »

運気論の竜砂医学

中国には五運六気の運気論で今度の新型コロナの流行を論ずる【竜砂医学】という一派があり、顧植山教授らが主導しているようです。

運気理論の根拠は“疫毒は必ず時気を藉カりて侵入する”と考え、今度の新型コロナの流行は疫毒と時気とが同時に作用した結果であると。
2019年 己亥(つちのとい)の歳末から新型コロナが発生したのは“2017年 丁酉(ひのととり)が其の位を失守した”、“三年変癘”を基礎とした疫癘である。其の伏邪の性質は伏燥で,病位は太陰である。
2020年 庚子(かのえね)歳の,整体運気は金運太過,少陰君火が司天で,陽明燥金が在泉,これは火熱金燥という整体の格局を現わしている。
金運太過だと,木が邪を受ける。火が燥を生じ易いと,肺金は受損する。肺は華盖であり,金運が失司すると,升降開闔はみな其の序を失うと。また、サイトカインストームのことを“炎症風暴”と称している。
庚子岁新冠感染肺炎重症“炎症风暴”病机分析及中医对策 より
※ここまで来ると観念が先行していて、ちょっと着いていけない!?

|

« 新型コロナ 中医診療手册7 | Main | 新型コロナ 中医診療手册8 »

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新型コロナ 中医診療手册7 | Main | 新型コロナ 中医診療手册8 »