« 《時病論》の透邪思想1 | Main | 《時病論》の透邪思想3 »

《時病論》の透邪思想2

2 透邪方薬例
雷氏の治温の大法を綜観するに,“透“の無いものは無い。透法は実に衛気営血の全過程を貫いている。感邪と病程は異なる故,透邪の方法も各々異る。

2.1 辛凉解表法
風温の初起,風熱の新感,冬温襲肺の咳嗽を治すには。
薄荷(一銭五分),蝉蛻(一銭,去足翅),前胡(一銭五分),淡豆豉(四銭),栝蒌殻(二銭),牛蒡子(一銭五分)煎服。如し口渇あれば,再加花粉。
此の法は辛凉を取る。風温の初起を治すには,伏気の有無を論ぜず,皆先ず施すべし。
薄荷、蝉蛻を用いて,其の表を軽透し,前胡、淡豉は,其の風を宣解する。葉香岩 云わく:温邪を上に受ければ,先ず肺を犯す。故に蒌殻、牛蒡を佐として其の肺気を開き,気分が舒暢になれば,新邪も伏気も,均しく透達する。

2.2 清凉透邪法
温病の無汗,温瘧の渇飲,冬温の邪の内陥を治すには。
鮮芦根(五銭)石膏(六銭,煨)連翹(三銭,去心) 竹葉(一銭五分) 淡豆豉(三銭) 緑豆衣(三銭)を水煎して服す。
此れは温病無汗を治す主方である。其の伏気が風寒が触れて発したのでなくても,亦 有汗無汗の分があっても。無汗なら透邪が宜しく,有汗なら保津が宜しいのは,一定の理である。凡そ清凉の剤は,凉だと不透のものが多いが,此の法は清凉にして且つ透である。
芦根は中空の透薬なり,石膏は気軽く透薬なり,連翹の性は升浮,竹葉は枝を上に生ずる,淡豆豉の宣解,緑豆衣の軽清は,皆 透熱なり。伏邪は透を得て,微微に汗出し,温熱は自然と達解する。

2.3 凉解裏熱法
温熱内熾で,外に風寒無きもの,及び暑温 冬温の証を治す。
鮮芦根(五銭),大豆卷(三銭),天花粉(二銭),生石膏(四銭),生甘草(六分),新汲水で煎服する。
温熱の邪が,初めに胃に入る者には,此の法が宜しい。
胃は陽土にして,凉を得れば安し。故に芦根を君とする。其の味は甘く,其の性は凉,其の中は空,ただ能く胃中の熱を去るのみならず,且つ能く肌表の邪を透し,誠に凉にして不滞の妙品なり。尋常の寒薬の大勝なり。佐には豆卷の甘平,花粉の甘凉,并せて能く清胃除熱とする,更に佐としての石膏は,凉にして苦ならず,甘草は瀉して能く和す。景嶽が玉泉飲と名づけているのは,其の陽明胃熱を治す功があるからである。凡そ寒凉の薬は,敗胃するものが多いが,此の法だとさにあらず。

2.4 清凉透斑法
陽明の温毒発斑を治す。
石膏(五銭,煨用),生甘草(五分),銀花(三銭),連翹(三銭,去心),鮮芦根(四銭),豆卷(三銭),新荷銭一枚を加えて,煎服する,如し無ければ,干荷葉三銭でもよい。
凡そ温熱で発斑すれば,清胃解毒を主として治すのが宜しい。
膏の、甘は清胃,銀、翹は解毒。更に芦根、豆卷は,陽明の熱を透発する。荷銭とは即ち初発の小荷葉なり,亦其の軽升透発の意を取る。熱勢一透すれば,則ち斑は自ら化するを得る。

2.5 宣透膜原法
湿瘧で寒甚しく熱微かで,身痛み有汗,肢重く脘懣するを治す。
厚朴(一銭,姜制),檳榔(一銭五分),草果仁(八分,煨),黄芩(一銭,酒炒),粉甘草(五分),藿香葉(一銭),半夏(一銭五分,姜制),生姜三片を加えて引となす。
此れは師の又可の達原飲の法なり。
方から知母の苦寒と白芍の酸斂を去り,朴、檳、草果を用いて,其の膜原に達し,其の盤踞する邪を祛り,黄芩の清燥熱の余と,甘草を和中の用とし,藿、夏を加えて暢気調脾とし,生姜は破陰化湿をなす。
湿穢が膜原に乗入して瘧を作せば,此の法で必ず奏効する。

2.6 宣陽透伏法
牝瘧で寒甚しく熱微かか,或いは独り寒のみで無熱のものを治す。
淡干姜(一銭),淡附片(一銭),厚朴(一銭,姜制),蒼朮(一銭,土炒),草果仁(一銭,煨),蜀漆(一銭五分),白豆蔻三顆を,殻を去り細研して加える。
干姜は其の陽気を宣し,附子は其の陰勝を制す,厚朴は其の滞気を開き,蒼朮は其の陰湿を化し,草果は独勝の寒を治し,蜀漆は盤結の瘧を逐う,佐は豆蔻を,これはただ透伏の功があるだけでなく,且つ散寒化湿し,牝瘧に施せば,能く宜をなす。

風温の初起には薄荷、蝉蛻で透表し,蒌殻、牛蒡で開肺し,新邪を伏気させず,みな透達ができる。温病無汗には芦根、石膏、連翹、竹葉、淡豆豉、緑豆衣等の清凉で透する薬を選び,汗出が微微であれば,温熱は自ら解する。温熱内熾には凉で滞らない芦根を用いれば,清胃透表の両方に長ずる。陽明の温毒発斑には初発の小荷葉を取る。この軽升透発は,熱が透れば斑は自ら化し,湿穢が膜原に乗入し瘧を作せば,更に達原飲から苦寒酸斂の品を去り,藿、夏の暢気調脾と,生姜の破陰化湿を加え,宣透膜原の力を強くする。以上の各種の治法を,選方用薬加減して其の妙を極めれば,雷氏の透邪の学験は顕らかになる。
雷少逸!时病论"透邪思想浅析 より
※辛凉-風温・清凉-温病・凉解-裏熱・清凉-透斑・宣透-膜原・宣陽-透伏 と温病の多様性に応じて対応している。

|

« 《時病論》の透邪思想1 | Main | 《時病論》の透邪思想3 »

漢方」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 《時病論》の透邪思想1 | Main | 《時病論》の透邪思想3 »