« 升陥湯―か細い声 | Main | 升陥湯―尿頻 »

升陥湯―眩暈

張某,女,34歳。1991年9月3日
メニエール病といわれ,眩暈のため立っていられない。
これまでに服用した薬物の多くは平肝潜陽,化痰息風のものだった。
病者は双眉を緊蹙して,床上に臥しており,面色は黯淡無華,脈は沈にして骨に至る。寸関尺皆然り,稍や遅像あり。舌苔は白滑。

病機:此れは肝気不升の症である。肝気不升のため,大気は下陥し,気血が潜沈したままである。
頭は諸陽の会なのに,気血が下に潜行したままでは,頭部の高巓は栄養できない。
診断:眩暈(肝気不升、気血下沈、脳髄失養)

升陥湯加減(黄芪30 葛根15 柴胡・枳殻・川芎20 当帰・羌活12 細辛6 乳香15 防風12 生姜6片 桂枝10) 4剤

方議:黄芪の性は升で,君薬である;葛根、柴胡、川芎は皆升輔で佐薬である;桂枝、羌活、防風の辛温発散は,陽気を宣布するという妙用がある。

4日后の再診では,病情は已に緩解していたので,更に6剤。

三診では病人は已に能く起床して活動しても,もう眩暈はしなかった。更に原方を4剤出す。
灵活应用升陷汤三例 より
※痰飲によらないめまいも結構あるのではないだろうか?

|

« 升陥湯―か細い声 | Main | 升陥湯―尿頻 »

治験」カテゴリの記事

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 升陥湯―か細い声 | Main | 升陥湯―尿頻 »