« 李杲の《脾胃論》から(3) | Main | 李杲の《脾胃論》から(5) »

李杲の《脾胃論》から(4)

脾胃勝衰論:
胃病なら其の脈は緩であり,脾病なら其の脈は遅である,且つ其の人は当に臍に動気が有り,之を按ずれば牢(堅)にして痛むが若し,若し火乗土位であれば,其の脈は洪緩となり ,更に身熱して心中不便の証が有る。此れは陽気が衰弱して,生発不能であり,五臓中用薬法では治せず,《臓気法時論》中の升降浮沈補瀉法を用いなければならない。

・手を当てると臍に動悸を感ずるのは脾胃の病がある。(私は子供のころからずーっとそうだが)
陰火が土位(脾胃)に乗じれば通常の五臓用薬ではダメで、升降浮沈補瀉法に拠らなければならない。即ち補中益気湯や補脾胃瀉陰火升陽湯でなければならない。

|

« 李杲の《脾胃論》から(3) | Main | 李杲の《脾胃論》から(5) »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 李杲の《脾胃論》から(3) | Main | 李杲の《脾胃論》から(5) »