« 李杲の《脾胃論》から(4) | Main | 李杲の《脾胃論》から(6) »

李杲の《脾胃論》から(5)

卷下
脾胃虚則九竅不通論:
真気の又の名は元気,乃ち身体の精気也,胃気に非ざれば之を滋すこと能わず。
胃気とは,穀気也,栄気也,運気也,生気也,清気也,衛気也,陽気也。
又天気、人気、地気とは,乃ち三焦の気なり。分けて言うのものではなく,実際は一つのもので,別名異論とするのは間違いである。

飲食労役で傷つくと,自汗や小便数となる,これは陰火が土位に乗じたため,清気が生ぜず,陽道が行らず,為に陰血に伏火が生じたのである。
況んや陽明胃土は,右燥左熱であるから,燥火に変化して津液が停留しなくなりやすい;且つ小便と汗では,皆 津液を亡うことになる。津液は中宮で血に変化する。脈とは,血の府也,血が亡われると七神※は何を根拠とすればよいのか,百脈は皆 此の中より変化するもの也。

※《難経·三十四難》:“五臓に七神有り,……臓とは,人の神気を舎蔵する所也。故に肝は蔵魂,肺は蔵魄,心は蔵神,脾は意と智を蔵し,腎は精と志を蔵する也。”

|

« 李杲の《脾胃論》から(4) | Main | 李杲の《脾胃論》から(6) »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 李杲の《脾胃論》から(4) | Main | 李杲の《脾胃論》から(6) »