« 李杲の《脾胃論》から(5) | Main | 李杲の《脾胃論》から(7) »

李杲の《脾胃論》から(6)

胃虚臓腑経絡皆無所受気而倶病論:
脾胃が虚せば,則ち湿土の気は臍下に溜まり,腎と膀胱が邪を受ける。
膀胱は寒を主り,腎は陰火である,二者が倶に弱まれば,潤沢の気は行らない。
大腸は,庚也,燥気也,津を主る;小腸は,丙也,熱気也,液を主る。
此れ皆 胃に属し,胃が虚せば気が受けられずに亦虚となり,津液は濡せず,夜は口燥咽乾のため目が覚め,皮毛不沢で皮膚が乾燥する。

甲胆は,風也,温也,周身の血気生化を主る;丙小腸は,熱也,周身の陽気長養を主る。
また皆 胃から気を禀けて,能く浮散する也,升発する也;胃が虚せば胆及び小腸の温熱生長の気は倶に不足し,有形の血脈の中に伏留し,為に熱病となり,為に中風となる,其の病いには勝ち目がない,青、赤、黄、白、黒の五腑は皆滞るから。
三焦とは,乃ち下焦の元気生発の根蒂である,之に火が乗じれば,六腑の気は倶に衰える也。

|

« 李杲の《脾胃論》から(5) | Main | 李杲の《脾胃論》から(7) »

古典」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 李杲の《脾胃論》から(5) | Main | 李杲の《脾胃論》から(7) »