« 視野狭窄(脳梗塞) | Main | 膀胱の気化とは何か?(2) »

膀胱の気化とは何か?(1)

「膀胱の気化作用によって尿が排泄され、気化不利になると排尿が阻害され、小便が通じなくなったり通りが悪くなったりする」というが、“気化”とは具体的にどんなことを云うのか?

膀胱の気化不利
《素問・霊蘭秘典論》“膀胱とは,州都の官,津液を蔵し,気化されれば則ち能く出ず。”
この句で説明される膀胱の功能とは,気化のことである。この“気化”についての歴代注家の解釈は色々である。気化の動力は何か,気化によって生ずるのは何か?

1 膀胱の概念
膀胱は“水曹”という,又の名は“玉海”。州都とは水が聚アツマる処を指す。
張景嶽注:“膀胱は最下に位居し,三焦の水液の帰する所,都会の地と同じ,故に州都の官と曰う。”
膀胱は下焦に位クライし,其の作用は尿液の貯存と排泄,汗液の形成,精気の化生である。
《素問・霊蘭秘典論》王冰注:“若し気海の気化を得れば,則ち溲便は注泄す;気海の気が及ばなければ,則ち閉隠されて不通となる。”
《血証論・臓腑病機論》説“いわゆる気化されれば則ち能く出ずるとは,膀胱の気が津液を載せて上行し外達すれば,汗となって出ることを謂う,則ち雲となって雨を降らせる象である。
膀胱気化 より
※津液が一旦 気化して雲とならなければ次の生理反応は起こらない。

|

« 視野狭窄(脳梗塞) | Main | 膀胱の気化とは何か?(2) »

理論」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 視野狭窄(脳梗塞) | Main | 膀胱の気化とは何か?(2) »