« 周易と気功 | Main | すっきり回復しない新型コロナ »

周易と子午流注

(『周易と中医学』p186)
子午流注は針灸の時間医学療法の中の古典的な針法である。その特色は十二経脈の経気の盛衰開合の時機により取穴することにある。その方法として天干地支を用いて推算を行なう。
子午流注の原理は、人体の十二経の気血の盛衰変化が昼夜の陰陽二気の消長変化の法則に従うところにある。
すなわち、夜半は子時であり.子は至陰、陰が極まり一陽が生じ、子時には気が昇る。早朝は卯時で、陰は次第に減り、陽が増す。日中は午時、午時は至陽、陽が極まり一陰が生じ、午時には気が降りる。夕方は酉時、陽が減り陰が増す。陰陽の消長盛衰の変化は『周易』の精髄である。

『周易』は陰陽二気の変化を乾坤日月の運行にあるとし、経気の人体での盛衰変化は昼夜日月の運行に関係すると考え、経気の周期的な盛衰開合によって取穴を行なう。子午流注は『内経』のバイオリズム原理と干支紀時を応用したものだといえる。
子午流注は十二地支で十二時辰を表し、一時辰を二時間として、人体の十二経を十二辰に配当してゆく。
人体の経気にも潮のような満ち干きがあり、時に合った経を取穴すれば最もよい効果が得られる。
Photo_20201022091101
(参考)子午流注と養生法

|

« 周易と気功 | Main | すっきり回復しない新型コロナ »

古典」カテゴリの記事

理論」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 周易と気功 | Main | すっきり回復しない新型コロナ »