« 周易と子午流注 | Main | 一気周流による治験 »

すっきり回復しない新型コロナ

新型コロナが「スーパー抗原」の可能性、一部が細菌毒素に酷似」に次のように報告されています。
新型コロナに感染した子ども(21歳未満)の16〜45%は無症状とも言われる一方で、「小児多臓器炎症症候群(MIS-C)」と呼ばれる重篤な疾患を発症(発熱、発疹、「虫垂炎と間違われるほど」の激しい腹痛、下痢、嘔吐)することがある。
これは咳・体の痛み・鼻水といった、典型的な新型コロナ感染症の症状が現れてから数週間後に発症する。また無症状感染後に発症する場合もあるという。
その原因として考えられる事の一つに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、気管からいなくなった後でも、消化器系で複製を続けることがある(ウイルスが便の中に最大1カ月潜んでいる)。特に子どもの場合はその傾向が顕著だ。これは、COVID-19が単なる呼吸器系疾患ではないことを示している。(以上引用)

わが国でも回復期になっても疲れやすかったり、再感染したりと、スッキリしない経過を示す場合が報告されています。これは症状が無くなっても“正気”が回復していない為ではないでしょうか。東洋医学では「正気が体内にあれば,邪気は侵すことができない」と云われているからです。
では“正気”とは何を以て云うのでしょうか?
清代の名医,黄元御の「一気周流」理論というのがあります。「身体の気の流れは、左側では木火(肝心)が昇発し,右側では金水(肺腎)が斂降し,それを中焦の土気が転運させる(脾は左から昇り、胃は右から降る)」という気の円運動のことです。この「一気周流」がスムーズに行われないと多臓器にわたり不調が現れます。
新型コロナに限らず、どんな病気の場合でも云えることですが、単にウィルスが無くなったからといって、それで治療が終わりではありません。元のように身体の「気の流」れまでが回復していなければなりません。そのためには大局的な視点が必要です。東洋医学は常に総合的な観点から健康を考えているので、西洋医学だけでなく、こちらも忘れてはならないのです。双方相まってようやく「本当の医学」たり得るのではないでしょうか。東洋医学がもっと大切にされるよう切望します。

|

« 周易と子午流注 | Main | 一気周流による治験 »

グチ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 周易と子午流注 | Main | 一気周流による治験 »