« 《臓腑虚実標本用薬式》1 | Main | 《臓腑虚実標本用薬式》3 »

《臓腑虚実標本用薬式》2

標本陰陽
李杲説;医者たるもの病いを治そうとするなら,標本を知らなければならない。身体について論ずれば,外を標とし、内を本とする;陽を標とし,陰を本とする。
故に六腑は陽に属し標とし,五臓は陰に属し本とする;臓腑は内に在りて本とし,十二経絡は外に在りて標とする。かくして臓腑陰陽気血経絡にも又各標本の分がある。
病いを論ずるなら,先に受けたものが本で,后に伝わるのが標である。
故に百病は必ず其の本を先治し,其の標を后治する。さもなければ邪気はますます甚しくなり,其の病は益々蓄積される。通常は先ず軽病を生じ,后に重病を生ずるから,先ず其の軽きを治し,后に其の重きを治せば,邪気は乃ち伏くす。

中満病で大小便不利に及ぶ時に,先后標本を問わず,必ず満及大小便を先治するのは,急なる場合である。故に曰く緩なれば則ち其の本を治し,急なれば則ち其の標を治すと。
又前から来るのは実邪で,后から来るのは虚邪である。実ならば則ち其の子を瀉し,虚ならば則ち其の母を補う。
如えば肝が心火を受ければ,前から来る実邪であり,当に肝経の荥穴を刺して心火を除くのは,其の本を先治するなり;心経の栄穴を刺して心火を除くのは,其の標を后治するなり。用薬でいえば入肝の薬を引とし,瀉心の薬を君となす。経に云うところの“本而標”とは,其の本を先治し,其の標を后治することである。
又如し肝が腎水を受ければ虚邪であり,当に腎経の井穴を刺して肝木を補うのは,其の標を先治するなり;后に肝経の合穴を刺して腎水を瀉すのは,其の本を后治するなり。用薬でいえば入腎の薬を引とし,補肝の薬を君となす。経に云うところの“標而本”とは,其の標を先治し,其の本を后治することである。
脏腑虚实标本用药式 より

|

« 《臓腑虚実標本用薬式》1 | Main | 《臓腑虚実標本用薬式》3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理論」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 《臓腑虚実標本用薬式》1 | Main | 《臓腑虚実標本用薬式》3 »