« メール 目の充血 | Main | 紫石英 »

バルトリン腺炎

(引用)バルトリン腺とは、女性の膣の入り口のすぐ左右にある分泌腺で、外陰部を潤したり、性交時の潤滑となる粘液を分泌しています。このバルトリン腺の開口部が、細菌感染などで炎症を起こし、赤みや痛みを生じている状態が「バルトリン腺炎」です。
この分泌腺の管や入り口が詰まってしまうと、そこに分泌液などの粘液が溜まってしまうようになり、「バルトリン腺嚢胞」となります。この嚢胞は小指大から、大きいと鶏の卵ほどの大きさまでになることがありますが、それほど痛みが無い、もしくは全くの無痛の場合もあります。

この嚢胞が細菌感染などにより化膿し、バルトリン腺内に膿が溜まって腫れた状態になったものは「バルトリン腺膿瘍」となります。この場合は、外陰部の皮膚も赤く腫れあがり、強い痛みを伴うようになります。ひどくなると、歩けなくなるほどの激痛や灼熱感を生じたり、高熱を伴うこともあります。膿が排出されてしまえば、痛みは治まりますが、その後完治するとは限らず、再発を繰り返す場合があります。(引用終わり)

日本漢方では外陰炎によく使われる処方は、排膿散及湯、竜胆瀉肝湯などのようです。腫れ痛みの激しい急性期には、湿熱・熱毒を除く清熱解毒薬を中心に、慢性期には気血不足を補い再発しにくい体作りをめざします。

中医学では前庭大腺炎といい、“陰腫”“陰瘡”の範囲に属する。
1.熱毒 湿熱の邪が外陰を浸漬して蘊毒化膿する。
陰戸の一側または双側が紅腫疼痛し,蚕繭状の如くなり,容易には消退せず,行動艱難,坐臥不安となる。数日后には,成膿潰破し,膿多く穢臭ありて稠。一周前後で収口する。反復して流膿すれば竇道を形成する。悪寒発熱,口干納少,小便渋痛,心煩寐差,舌紅,苔黄膩,脈弦数を伴う。

五味消毒飲加味(蒲公英15 金銀花9 野菊花6 紫花地丁15 天葵子9 乳香6 丹皮・赤芍・皀角刺12)
加減:伴発熱畏寒者,加荊芥・防風9、薄荷6;小便淋痛者,加篇蓄・萆解10;成膿者,加薏苡仁15;熱毒甚者,加黄連6、黄芩・黄柏10。

仙方活命飲(銀花20,甘草・穿山甲・皀角刺・当帰・赤芍15,乳香・没薬10,天花粉20,陳皮・防風・貝母・白芷15)
加減:膿成が已に清となれば去穿山甲、皀刺;如し二便秘渋すれば加大黄・檳榔10;如し熱甚者,加大黄10,黄連15;如し心煩口渇なら加生地・梔子・玄参15。

2.寒凝 寒凝した気血が肌膚に瘀積となる。
外陰の一側または両側が腫脹して蚕繭状の如くなり,皮色は不変で,墜脹し,行走不便となる。経前や経期には増大し,月経后には原状に恢復する。面色少華,食欲不振,便溏,神疲体倦,舌淡苔薄,脈細弱を伴う。

補中益気湯加減(黄芪15 当帰12 升麻・柴胡9 陳皮6 白朮12 夏枯草15 僵蚕4.5 皀角刺12 桂枝・炙甘草6)
加減:若し便溏,食欲不振者,加生熟薏苡仁15、鶏内金6。

托裏消毒散(人参50,川芎・当帰・白芍・白朮20,黄芪50,炙甘草・茯苓・銀花・白芷・皀角刺20,桔梗30)
加減:腰膝酸軟者加熟地20,巴戟天15,菟絲子15;如し食欲不振、脘悶食少,加鶏内金・焦三仙15;如し頭暈耳鳴者加猪脊髄一条燉服。如し形寒肢凉があれば加肉桂、補骨脂15;如し陰戸腫脹硬結不消には加鹿角膠15,炮姜炭10。

外敷法:金黄膏、玉露膏を局部の紅腫処へ外敷する。
熏洗法:塌痒湯(鶴蝨30、苦参・威霊仙・帰尾・蛇床子・狼毒15);験方(金銀花15、蒲公英30、赤芍10、土茯苓30)
前庭大腺炎 より
※日本漢方では既成の製剤をやり繰りして辛うじて凌いでいるのに対して、中国では豊富な薬草をふんだんに使って対応しています。より良い治療のためにもっと中医学を取り入れたいものです。医事法という問題もありますが、それ以前に強く求める気持ちがなくては無くてはならないのではないでしょうか。

|

« メール 目の充血 | Main | 紫石英 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« メール 目の充血 | Main | 紫石英 »