« 《臓腑虚実標本用薬式》4 | Main | 《臓腑虚実標本用薬式》6 »

《臓腑虚実標本用薬式》5

五臓五味補瀉
“肝が短急を苦しめば,急ぎ甘を食し以って之を緩める”;
“心が緩遅を苦しめば,急ぎ酸を食し以って之を収める”;
“脾が湿に苦しめば,急ぎ苦を食し以って之を燥かす”;
“肺が気上逆を苦しめば,急ぎ苦を食し以って之を瀉す”;
“腎が燥を苦しめば,急ぎ辛を食し以って之を潤す”;
“肝が散ずることを欲せば,急ぎ辛を食し以って之を散ず,辛は補となり,酸は瀉となる”;
“心が軟を欲すれば,急ぎ咸を食し以って之を軟らかにす,咸は補となり,甘は瀉となる”;
“脾が緩を欲すれば,急ぎ甘を食し以って之を緩める,苦は瀉となり,甘は補となる”;
“肺が収を欲すれば,急ぎ酸を食し以って之を収める,酸は補となり,辛は瀉となる”;
“腎が堅を欲せば,急ぎ苦を食し以って之を堅める,苦は補となり,咸は瀉となる”

内容:
肝 急を苦しめば,急ぎ甘を食し以って之を緩める(甘草),酸は瀉となる(赤芍薬),実すれば則ち子を瀉す(甘草)。
散ずることを欲せば,急ぎ辛を食し以って之を散ず(川芎),辛は補となる(細辛),虚すれば則ち母を補う。

心 緩なるを苦しめば,急ぎ酸を食し以って之を収める(五味子),甘は瀉となり(甘草、参、 ),実すれば則ち子を瀉す(甘草)。
軟を欲せば,急ぎ咸を食し以って之を軟かにす,咸は補となり,甘は瀉となる。

脾が湿に苦しめば,急ぎ苦を食し以って之を燥かす(白朮),苦は瀉となり(黄連),実すれば則ち子を瀉す(桑白皮)。緩を欲せば,急ぎ甘を食し以って之を緩める(炙甘草),甘は補となり(人参),虚すれば則ち母を補う。

肺 気上逆を苦しめば,急ぎ苦を食し以って之を泄す(訶子),辛は瀉となり(桑白皮),実すれば則ち子を瀉す(沢瀉)。
収を欲せば,急ぎ酸を食し以って之を収める(白芍薬),酸は補となり(五味子),虚すれば則ち母を補う(五味子)。

腎 燥を苦しめば,急ぎ辛を食し以って之を潤おす(黄柏、知母),咸は瀉となり(沢瀉),実すれば則ち子を瀉す(芍薬)。
堅を欲せば,急ぎ苦を食し以って之を堅める,苦は補となり,咸は瀉となる。

張元素曰く:凡そ薬の五味というものは,五臓によって補にも瀉にもなるから,其の性に因って調えなければならない。
酸は肝に入り,苦は心に入り,甘は脾に入り,辛は肺に入り,咸は腎に入る。
辛は散を主り,酸は収を主り,甘は緩を主り,苦は堅を主り,咸は軟を主る。
辛は能く散結潤燥し,津液をもたらし,通気する;酸は能く収緩斂散する;甘は能く緩急調中する;苦は能く燥湿堅軟する;咸は能く軟堅する;淡は能く利竅する。

李時珍曰く:甘は緩、酸は収、苦は燥、辛は散、咸は軟、淡は滲,五味の本性は,一定にして不変である;補となったり瀉となったりするのは,五臓が四時により交替に変わるからである。
温、凉、寒、熱は,四気の本性也;五臓において補となったり瀉となったりするのは,これ亦交替に変わるからである。此れは特に潔古張氏が《素問》の飲食補瀉の義を,数薬を挙例して示したものです。
脏腑虚实标本用药式 より

|

« 《臓腑虚実標本用薬式》4 | Main | 《臓腑虚実標本用薬式》6 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

理論」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 《臓腑虚実標本用薬式》4 | Main | 《臓腑虚実標本用薬式》6 »