« 心臓は脳のパートナー | Main | 保和丸4 »

保和丸3

4 保和丸は牙痛を治す
保和丸はどうして牙疼を治すのか?胃火による牙疼は,虫歯の疼痛ではない。胃火が牙齦へ上攻すると,牙齦は紅腫熱痛する。牙齦は脾胃の領域です。胃腸に積食があると,積食から火を生じ,牙齦を攻めて牙疼となる。これに保和丸を用いれば非常に好い。保和丸は胃火と大腸火を二便から排出し,同時に清熱解毒できる。

5 食べ過ぎたり食べてはいけないものを食べた後の嘔吐には,保和丸が好い
実はこのような嘔吐は人体の自救反応であり、治療の必要はありません。少しでも早く好くなりたいなら,保和丸を用いればよい。食べ過ぎて悪心嘔吐するのは,人体の排泄には大腸と口の2つの通路があり、大腸がスムーズに通らず、便秘を伴う場合は、摂取したものが口から出てこなければならないからです。保和丸が嘔吐を治すのは食べた物を下へと送り,大便から出すからです。

6 食べ過ぎて胃が膨満する時は保和丸が神薬である
多くの人は、鍋で炊ける量や、米を入れすぎると炊けなくなることは理解していても、胃には限界があり、脾胃の運化機能以上に食べてしまうと、積食となり腸胃を傷つけることを理解していません。消化されていない食べ物が胃腸に堆積すれば膨満感が出るのは当然のことです。 この時に直ぐに保和丸を、午前と午後に服用するとよい。
保和丸,肠胃的清道夫,以通为补,洗净五脏六腑!

|

« 心臓は脳のパートナー | Main | 保和丸4 »

優良処方データーベース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 心臓は脳のパートナー | Main | 保和丸4 »