書籍・雑誌

《臓腑虚実標本用薬式》5

五臓五味補瀉
“肝が短急を苦しめば,急ぎ甘を食し以って之を緩める”;
“心が緩遅を苦しめば,急ぎ酸を食し以って之を収める”;
“脾が湿に苦しめば,急ぎ苦を食し以って之を燥かす”;
“肺が気上逆を苦しめば,急ぎ苦を食し以って之を瀉す”;
“腎が燥を苦しめば,急ぎ辛を食し以って之を潤す”;
“肝が散ずることを欲せば,急ぎ辛を食し以って之を散ず,辛は補となり,酸は瀉となる”;
“心が軟を欲すれば,急ぎ咸を食し以って之を軟らかにす,咸は補となり,甘は瀉となる”;
“脾が緩を欲すれば,急ぎ甘を食し以って之を緩める,苦は瀉となり,甘は補となる”;
“肺が収を欲すれば,急ぎ酸を食し以って之を収める,酸は補となり,辛は瀉となる”;
“腎が堅を欲せば,急ぎ苦を食し以って之を堅める,苦は補となり,咸は瀉となる”

Continue reading "《臓腑虚実標本用薬式》5"

| | Comments (0)

《臓腑虚実標本用薬式》4

六腑六臓用薬気味補瀉
内容:
肝、胆(温補凉瀉。辛補酸瀉。)
心、小腸(熱補寒瀉。咸補甘瀉。)
肺、大腸(凉補温瀉。酸補辛瀉。)
腎、膀胱(寒補熱瀉。苦補咸瀉。)
脾、胃(温熱補,寒凉瀉,各々其の宜しきに従う。甘補苦瀉。)
三焦、命門(同心。)

Continue reading "《臓腑虚実標本用薬式》4"

| | Comments (0)

《臓腑虚実標本用薬式》3

升降浮沈
李杲説;薬には升降浮沈化,生長収蔵成があり,以って四時に配す。
春升夏浮,秋収冬蔵,土は中に居りて化をなす。
味薄き者は升りて生ず,気薄き者は降りて収める,気厚き者は浮きて長ず,味厚き者は沈んで蔵す,気味平なる者は化成す。
但し辛、甘、温、熱及び気味の薄き者を以って補うと言うのは,即ち春夏の升浮を助けることで,それは便ち秋冬収蔵の薬を瀉すことである。人身に在りては,肝心が是れなり。
但し酸、苦、咸、寒及び気味の厚き者を以って補うと言うのは,即ち秋冬の降沈を助けることで,それは便ち春夏生長の薬を瀉すことである。人身に在りては,肺腎が是れなり。
淡味の薬で,滲は升,泄は降,諸薬を佐使する者也。
用薬において,此れに従えば升,此れに逆えば死,たとえ死なずとも,亦危うき範囲なり。

Continue reading "《臓腑虚実標本用薬式》3"

| | Comments (0)

《臓腑虚実標本用薬式》2

標本陰陽
李杲説;医者たるもの病いを治そうとするなら,標本を知らなければならない。身体について論ずれば,外を標とし、内を本とする;陽を標とし,陰を本とする。
故に六腑は陽に属し標とし,五臓は陰に属し本とする;臓腑は内に在りて本とし,十二経絡は外に在りて標とする。かくして臓腑陰陽気血経絡にも又各標本の分がある。
病いを論ずるなら,先に受けたものが本で,后に伝わるのが標である。
故に百病は必ず其の本を先治し,其の標を后治する。さもなければ邪気はますます甚しくなり,其の病は益々蓄積される。通常は先ず軽病を生じ,后に重病を生ずるから,先ず其の軽きを治し,后に其の重きを治せば,邪気は乃ち伏くす。

Continue reading "《臓腑虚実標本用薬式》2"

| | Comments (0)

《臓腑虚実標本用薬式》1

ある程度、漢方や中医学を学んだ人が、更に上の段階に次に学ぶのに「どんな本を読めばいいか」という質問を良く受けます。そんな時にお薦めできる書物が思い浮かばなくて困っていましたが、ある時《臓腑虚実標本用薬式》にぶつかり、これはいいと思ったので紹介します。
『中薬の配合』丁光迪 (著), 小金井 信宏 (翻訳),東洋学術出版社,2005年10月11日,第1版
上の書は「臓腑虚実標本用薬式」の有用性について述べた本邦唯一の書物です。「臓腑虚実標本用薬式」とは張元素の代表作のひとつで、内臓の寒熱虚実の観点から病機を説明したものです。この臓腑辨証説は后世の医師によっても高く評価されています。本書の処方と用薬方法は簡潔であり、古典を継承しつつ革新的な理論を加えています。五臓六腑の生理機能を把握し、疾病の病理発展を理解し、巧妙に引経報使薬物を使って薬の効能を向上させています。この臨床診療のアイデアは、今でも指導的な役割を果たしています。

Continue reading "《臓腑虚実標本用薬式》1"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册13

六、予防
1. 内服方1
処方 藿香10 紅景天15 金銀花10 貫衆・虎杖6 芦根15
功効 芳香化濁,益気解毒。

方義 藿香は芳香和中,化濁辟穢,辛温散表により祛邪,芳香化濁により辟穢,《本草正義》言わく“芳香は能く中州の清気を助け,勝湿辟穢す”。
紅景天は補気清肺,《本草綱目》言わく:“本経の上品,邪悪の気を祛り,諸不足を補う”,だが“補益薬の中には入らない”;蔵医《四部医典》では“性平……主治は周身乏力、胸悶、悪心、体虚等の症”。二薬の并用で,紅景天一補一清,藿香一化一散,紅景天、藿香一凉一温,一清一散,寒温并用,清散同工,共に君薬である。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册13"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册12

五、恢復期の治療
1. 分期特徴
患者の疫毒邪気は已に祛除されたが,正気は尚未だ完全には恢復していない。熱が退いても憋気、気短出汗、語言無力や干咳、呛咳、精力疲憊、食欲不振 等の一連の虚弱状態が見られ,肺部の陰影はまだ完全には吸収されていない。此の時には扶正を主として,恢復を促進しなければならない。

2. 辨治要点
①気陰両補,肺脾同調
②扶正為主,兼顧余邪

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册12"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册11

(2)邪閉心包証
臨床表現 神昏譫語や昏愦不語,身熱煩躁,舌謇肢厥,舌質絳紅,脈数。
病機 邪閉心包。
治則 清泄邪熱,開閉通竅。
処方 安宮牛黄丸か至宝丹
参考用法 温水にて上薬を一粒送服し,便秘なら生大黄を水で送服する。

方義 安宮牛黄丸は清代の医家 呉鞠通の《温病条辨》にあり,生大黄を水で送服すれば牛黄承気湯となる。安宮牛黄丸は辛凉開竅、清熱解毒で,熱病の邪入心包、高熱驚厥、神昏譫語に用いられる;中風昏迷や脳炎、脳膜炎、中毒性脳病、脳出血、敗血症で上述の証候がある者に。
至宝丹は宋代の《太平恵民和剤局方》にあり,化濁開竅、清熱解毒の功効がある。主治は痰熱の内閉心包証。
若し痰盛気粗、舌苔黄垢膩、脈滑数を兼ねればなお至宝丹を選用するのが宜しい。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册11"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册10

四、危重型の治療
1. 分型特徴 危重型では閉証脱証の両種の異なる転帰趨勢が見られる。前者は疫毒内熾、気血両燔、邪閉心包で,后者は邪盛正虚、肺気欲脱か心陽欲脱で,どちらも危重階段である。
前者では高熱の上に更に狂躁、抽搐となり甚しければ昏厥等の神経系統を受損し,后者は高熱等の実の象は無いが,転じて神志昏愦、手撒肢冷、二便失禁、脈微欲絶 等の虚象になる。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册10"

| | Comments (0)

新型コロナ 中医診療手册9

4. 辨病対症治療
(1)高熱
本病の高熱とは体温39.1~40℃以上を指す :
辨証選方の上で,大剤量の柴胡、石膏、知母 等の薬物を酌情加用する。便秘には更に生大黄、芒硝 等の通腑薬物を加え,退熱の功を強める。同時に酒精棉球で,大椎、合谷、風池、曲池 等の穴位を擦拭する。

Continue reading "新型コロナ 中医診療手册9"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧