治験

帯脈拘急

生理痛と一口に云っても腹痛・腰痛・頭痛・下痢など人によって様々でしょう。
一般には経行腹痛(痛経)と経行腰痛が多く語られています。
腹部と腰部では痛みの部位が異なれば中医学の弁証も異なります。
それらを一まとめに治すことは出来ないだろうか、と考えていたら出てきましたよ。
「帯脈拘急」です。

Continue reading "帯脈拘急"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

老年性認知症

張某某,男,71歳,干部,河北人。1996年12月13日初診。
患者は2年前から次第に神識呆滞となり,記憶力が減退し,緘黙で喋らず,読み書きができなくなった。
某医院の脳CTスキャンでは大脳に広汎性萎縮が認められ,老年性癡呆(Alzheimer病)と診断された。
脳復康、維脳路通等を服したが効果は顕れなかった。
現在は神識呆滞,寡言少語,嗜睡懶動,食少納呆,大便溏,行動遅緩,失認失写,面色黄白,老年斑累累,舌淡紅苔薄白,脈沈細尺弱。
この証は脾胃虚衰,化源不足,腎精虧損,髄海空虚,脳失所養の候である。
そこで滋脾養胃,補腎填精のため,理脾陰方の加減方を与えた。
 (薬用人参15 山薬20 熟地15 黄芪20 蓮肉・白芍・扁豆・茯苓・山萸肉・橘紅15 甘草10 紫河車(別包,研末,毎次2g,湯薬冲服))
 3ケ月の治療で,神呆の面容は基本的に消失し,表情は元へ戻り,受け答えの言葉も正確となり,読み書きが出来るようになり,食欲は増加し,大便も正常となった,舌は淡で無苔,脈は沈細で尺弱である。
原方の白芍を赤芍に易え,別に丹参20gを加えて,続服すること3ケ月。
神志はあたかも常人の如く,記憶力は増強し,反応は以前のように霊敏となり,目下なお治療中である。
[評析]脾胃は后天の本,気血生化の源である。
人は生れてより老いるまで,后天に頼らざるを得ず,肉体はすべて脾胃の資するところである。
老年ともなり,腎精が虧損し,髄海が不足すれば,后天培養の力によらざれば,五臓を溢栄し,気血を旺盛とし,精髄を充足し,祛病延年することはできない,故に脾胃を調理することは老年病治療の関鍵であり,また老年性癡呆を防治し、延緩衰老の重要な方法である。
本例の辨証は脾腎気陰両虚である,故に参苓白朮散と六味地黄湯の意を取り,滋補脾腎,両調気血して,満足な療効を得た。
※1 理脾陰煎《雑症会心録》(南沙参・白朮6 茯苓3 山薬4.5 白扁豆6 陳皮3 甘草1.5 茵陳0.6 梔子1.5 白芍3 苡仁・谷芽9)主治陽黄。
※2 これなら平易な処方で誰にでも出来そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

驚きの柴胡加竜骨牡蛎湯

 李××,女,78歳。頭暈、臂(腕)痛と麻木が8ケ月も続いている。
診断は頚椎骨質増生である。
牽引による理療治療は効かず,按摩や中薬の活血化瘀法もまた無功。
其の証は,頭暈のため立っておれず,右臂は酸痛麻木で文字を書いたり、衣服の着脱ができない,失眠や健忘,心煩し背中が倦い,口苦口干,舌苔白,脈弦緊。
脈証を綜合すれば:脈弦とは,肝脈也;緊とは,寒也。症と合わせると,乃ち痰飲内鬱,肝木失達,筋脈不利である。治は調陰陽,理枢機,和筋脈が宜しい。
 柴胡加竜骨牡蛎湯(柴胡・半夏・党参・黄芩・甘草10 生姜3片 大棗5个 桂枝10 茯苓15 熟軍3 竜骨・牡蛎15)
服薬3剤で,頭暈、背困、臂痛、手麻等の症はみな減り,継服20剤で,愈えた。
 某医云わく:柴胡加竜骨牡蛎湯はもと仲景が胸満煩驚を治した処方なのに,どうして頚椎病に効くのか?
答え:柴胡加竜骨牡蛎湯は,一に理肝,二に化飲,三に調陰陽,四に和栄衛,五に助升降,六に和肝胆,七に鎮驚止悸の功用がある,本証は其の病機から看て,ちょうどそれらの問題に合っているからです。
   中医临证经验与方法 より
※柴胡加竜骨牡蛎湯の処方には七つの病機が含まれていると、そこまで深読みできるとは!
寝返りするのにも肩や背中が痛むという方が居ました。これをあげれば良かったのか。
検索すると 肝木失達,上熱下寒,営衛失調,筋脈不利,寒飲停滞,肝鬱気結,鬱而化風,痰湿内鬱,三焦運化失職,水飲阻滞 などと柴胡加竜骨牡蛎湯は誤治に対して生まれた処方だけに多くの含みを持っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

杏仁薏苡湯

進行性肌営養不良症(進行性筋ジストロフィー
この極めて頑固で難治の疾病を,私は曽つて芪脈湯、地黄飲子及び保和丸加益気養陰剤を以って暫時の効果を得たことがあるが,然し久しく用いてもそれ以上の効果は得られなかった。
 患者 張××,男,19歳。
2ケ月前に突然四肢無力を感じ,3日后には四肢の活動が甚しく困難になり,急ぎ某院にて入院治療となった。
診断は多発性神経炎、入院2ケ月になるも,病情に改善はなく,躯干の筋肉は消痩し,改めて進行性筋営養不良症と認められた。
歩行や日常生活がすこぶる困難である。
そこへ私の出番になり,急ぎ芪脈湯を10剤与えたが,症状は変わらず,反って更に食欲が減った。
詳しく証を観察すると:躯干、上下肢の筋肉の明らかな消痩の外に,手足は厥冷し,舌苔白く,脈は沈細緩である。
脈証を綜合すれば:寒湿不化の証である。
 杏仁薏苡湯(杏仁・薏米9 桂枝1.5 生姜3片,厚朴3 半夏4.5 防己5 白蒺藜6)
服約すること10剤で,患者は自分で立って,歩けるようになり,筋肉も少し豊満となった,継服すること200剤以上,諸症は基本的に消失した。
   中医临证经验与方法 より
※筋ジス発病の当初なら或いはこのようにうまくいく場合があるのかも知れない。遺伝病であってもそれは何かのきっかけと結びついて発病するのだろうから、既成体質と諦めずに弁証して食い止められれば幸いだ。寒湿がきっかけとなっているのならその条件を阻止すればよい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子5

脊柱裂(先天性奇形) 欧××,男,12歳。
小便失禁と遺尿が7年も続く。医診では脊柱裂とのこと。
西薬治療や中薬の活血逐瘀と針灸配合も効果がなかった。
小便失禁や遺尿のほかに,右腿の疼痛と,筋肉の萎縮のため,時には歩くのが難しい,右足が挙らない,食欲不振,足の指が厥冷,舌苔薄白,脈沈細弦。
証脈を合参すれば,肝腎陰陽倶虚である。培補肝腎の方針で、
地黄飲子加減(生地・石斛10 麦冬6・肉苁蓉6 肉桂・附子2 木瓜6)
 其の父は医の心得があり,云わく:患者の腿痛筋痿は瘀血ではありませんか? 然しどうしてそれが効かなかったのか?
答え:疼痛には瘀血からくる者もあり,それは活血薬で止痛ができます。然しみなが瘀血によるものではありません,故に中医の止痛には祛風止痛,理気止痛,温経止痛,補気止痛,補血止痛などがあります。
此の証が活血しても止らなかったのは,本証の痛みが瘀血によるものではなかったからです。
又問う:医家の多くは小兒は純陽の体だと云うが,先生が附子、肉桂などの純陽の品を用いるのは,何故ですか?
答え:小兒純陽について,多くの後人が訂正しています:稚陰稚陽の体の,稚とは,幼稚のことで,容易に虚にもなり実にもなるという事で,温熱薬を用いてはならないという事ではありません。本病の腿痛、筋痿、遺溺とは顕らかに腎の陰陽倶虚ですから,上方で治すのです。然し用薬を長く続けると陽熱が浮動する恐れがあるので,熟地の温ではなく,生地の凉を用いて佐けとします。
 服薬6剤にして,腿痛は好転し,以前よりも力強く歩けるようになった。
継服すること40剤にして,腿痛は尽く消え、筋肉も豊満になり,ここ一ケ月は遺尿をしていない,又服すること60剤で,諸証は消失して,すべて愈えた。
   中医临证经验与方法 より
※先天性の奇形でも弁証できれば必ず何らかの方法があるのは嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子4

痴呆 3歳の小児,男。
生れた時から痴呆で,3歳になっても,まだ歩けない,言葉も遅れており,爸爸、媽媽とさえ,うまく云えない,歩かせると,危なっかしく二十歩もすればもう倒れる,食事をさせるといつまででも食べている。
家族の中にこのような病の人は居ないかと問えば,母云わく:小児の母方の叔父も,父方の叔父も此の病で,父方の叔父は50歳を超えているが,生活不能だし,母方の叔父は二三十歳だがやはり生活不能である。この子も愚か者にしたくないので,治療しなければなりません。
其の証は,痴呆、語遅,歩行不安,舌苔は薄白く,脈は弦細である。
脈証を綜合すれば,此の証は先天的で,病は腎に在る,また語遅や,意識の昏乱は,心(しん)に病がある。
そこで補心腎,化痰涎の,地黄飲子加減とする。
 (生地12 山萸肉4 石斛 麦冬4 五味子・菖蒲・遠志・茯苓3 肉苁蓉5 附子・肉桂1 巴戟天4 薄荷1)
服薬40剤の后,歩行は前と較べて力強くなり,時に走っても転倒しません,言葉もまた前と較べて多く滑らかです。
継服すること40剤で,自由に歩け,お喋りになった。
現在も治療は継続しており更に療効を高めようと,服薬治療中である。
   中医临证经验与方法 より
※信じがたいような治験例が弁証に基づいてどんどん生まれてきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子3

原発性側索硬化症(ALS)
 張××,男,24歳。七、八年来,腰腿が冷え、困(重い)、僵(強ばる),歩行困難だったが,最近は日毎に重くなっている。
これまでに太原、包頭、フフホト等の医院で原発性側索硬化症と診断されている。
繰り返し入院して治療を受けたが無効で,已むを得ず中医の治を求めた。
顔色は萎黄で,疲れやすく食欲不振,咳嗽や頭脹,腰腿冷え、強ばり,歩行困難,他の人の扶けが無ければ歩けない,筋肉は正常で,腱反射が亢進し,バビンスキー反応は陽性,脳脊液は正常,舌苔は薄白く,脈は沈弦細緩である。
脈証を綜合すれば,寒湿が経絡に客すること,久しくして病が腎に及んでいる,先ず宣肺除湿通陽の,杏仁薏苡湯※1を与えた,服薬8剤にして,諸証は好転した;加木瓜9g、淫羊藿3gとして肝腎を補う,服薬28剤の后,歩行は大いに改善され,正しい歩き方でどこへでも自在に行けます。
前后して服薬すること36剤の后,体重は4Kg増加し,顔色の萎黄は消え,微かに紅潤色になり,舌苔は白く,脈は弦細で尺は稍大,食欲や睡眠は正常になった。
然し病程が長いので,腎命を補うために,地黄飲子加減を2ケ月服用して,諸証は消失した。
后に又一例の原発性側索硬化症に出会い,復た上方で治したが,無効で,反って悪くなった。
細かく証を調べると,両腿の発僵,歩行困難が5年以上続いており,顔色は白いが頬が嫩紅で,汗が多く,舌苔が薄白く,舌質は嫩紅で,脈は虚大弦滑だった。
脈証は気陰両虚,湿熱傷筋の証である,そこで芪脈湯※2を30剤与えたら諸証は大いに減り,60剤の后には歩行が正常になった。
   中医临证经验与方法 より
※1(杏仁・生薏苡仁10 桂枝・生姜2 厚朴3 半夏・防己5 白蒺藜6)
※2(黄芪15 当帰6 人参・石斛・麦冬・五味子・蒼朮・黄柏・木瓜10)
※杏仁薏苡湯はまた進行性筋ジスに対しても経絡への寒湿鬱阻と考えて可也の効果を挙げている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地黄飲子2

智能発育不全 石××,男,6歳。
母の代訴:患児は已に5歳になるが,まだ数ケ月の小児の様相である。
頚部は軟弱で頭部を支撑できず;坐っても、爬っても、立っても同齢の小児よりも遥かに劣る。
両眼は常に凝視しており,手で物を握拿できず,腿は路を歩けない。
また話せないし,只簡単な音調で喜怒を表示するばかりで,舌は常に半ば口から出している。
これまでに北京、西安、太原等の医院に求治して,遺伝性智能発育不全と診断され,針灸等の治療を受けたが,効果は無かった。
患児の母の両方の叔父と患児の両方の叔父も同じ病を患っている。
両眼は癡呆のように,凝視しているが何も見ていない,喋らず,上下肢はいつも動かしている。
手に物を握らせてもすぐに放してしまう。
立たせると手足は固定せず地に倒れ,大小便はオムツの内でし,自分で排便できず,自分で食物を掴めない。
舌苔は白く,手足は厥冷し,脈は沈細弦である。
脈証を綜合すれば:此の病は先天のもので,腎精不足,心肝倶虚,痰湿阻竅である。
治療法は補益肝腎,化痰柔筋とする。
 地黄飲子加減(熟地10 山萸肉・石斛・麦冬・五味子・菖蒲・遠志・茯苓・肉苁蓉3 桂枝2 附子1 巴戟天4)
服薬10剤の后,手で支えれば暫くは立つことが出来るようになった,毎回数秒~四分間である,継服すること20剤で,周囲の事物に反応し始めた。
又服薬すること60剤の后 同齢の児のように歩けるようになった。
また爸爸、媽媽と声を発することも出来る。
もう空腹を知らせるし,ひとりで1、2、3、4、5、6、7、8、9、10と数えることも出来る。
又服薬すること20剤で,患児は介護人に手を振り“再見”とか“爺爺好”と云う。
療効を鞏固にするために,以上の処方を散剤にして,3日に1回服用、1回は5グラムとする,煎服服薬してから一年もすると,諸証は消失して愈えた。
   中医临证经验与方法 より
※先天不足の病でもこのように改善できるのはありがたい。まして、その他の病などは‥‥。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脚癬(みずむし)2

 鄭××,女,50歳。両足の足縫が湿爛奇痒となり2年になる。医診では脚癬と。この数ケ月来次第に重くなっている。
先ず西薬治療を6~7日して,病情は反って更に重くなり,后に又中薬の燥湿止痒剤を外塗したが,湿爛奇痒の面積はあっという間に拡大した。
又某医では先ず加減三妙散を,后には加減萆薢滲湿湯を7~8剤服用したが,湿爛痒痛は拡大するばかり。
両足の趾縫、足蹠、足跟、足背の両側はみな痒痛湿爛しており,足全体が紅腫して地に触れられず,極めて臭穢であり,足心は熱痛して忍び難い,舌苔白く,舌質は淡,脈は沈細尺弱。
脈証を綜合して:湿爛の証とは湿熱であり,湿熱の証なら除湿清熱にて治せるはずなのに,効かないのは何故か?
《内経》に曽つて云わく:謹しんで病機を守り,其の部位を司っても,合うものと,合わないものがある。
此の病は足蹠に発っする,足蹠とは肝腎の主る所なり,湿爛の多くは湿熱に属するが,然し脈が沈細で尺弱,舌質が淡なら,腎気不足である。故に先ず補腎の必要がある。陽が復すれば湿は化して病は愈える。
 十味地黄湯(生地24 山薬12 五味子・茯苓・沢瀉・丹皮・附子・肉桂9 元参・麦冬15 車前子12 懐牛膝10)
服薬1剤で,両足の湿爛,紅腫痒痛はみな改善しはじめ,継服8剤で,愈えた。
 某医云わく:湿脚気は諸書ではみな脾胃の湿熱下注だと云い,主用するのは萆薢滲湿湯加減である,しかるに本証では無効だった;十味地黄湯は腎虚虚火上浮を治す処方である,今此の証に用いて効いたのは,何故ですか?
答え:湿熱の証に化湿清熱、燥湿清熱、利湿清熱を採用するのは,間違いなく正しい治療方法です,しかし湿熱の証には湿熱の邪による者と,正虚から湿熱が内生する者とがあります。若し湿熱の邪による者なら,其の湿熱の邪を除くべきです;若し正虚から湿熱が内生する者なら,扶正を以って邪を除かなければなりません。そうしないで若し湿熱者を扶正すれば必ずや邪気は更に熾しくなります,正虚者に祛邪を行えば必ずや正は傷つき邪は除かれません。補正を以って除邪湿法をするには,補腎と,補脾の別があります,若し腎虚に湿熱を兼ねれば,多くは陰陽倶虚である,故に十味地黄湯を以って補陰益陽,滋陰降火したのです。
   中医临证经验与方法 より
※寒変じて陽虚の熱となる。みずむしに対してさえも中医の理論は治療法を提供してくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

脚癬(みずむし)1

 温××,女,50歳。両足の趾縫間に毎夏季には皮膚湿爛となり もう8年になる,今年の夏は更に重い。
医診は脚癬(みずむし)である。
先ず西薬治療を4日,湿爛奇痒は減らず,ますます厳重となる。
継いで又中医で,加減萆薢滲湿湯を内服し,除湿清熱の品を外塗したり洗ったりしたが,やはり反って厳重となった。
両足の趾縫、足蹠、足跟及び足弓部の皮膚はみな湿爛して奇臭あり,其の辺縁の皮膚は鮮紅で痒痛するため,昼夜とも入睡できず,身熱く,舌苔は白,質は紅,脈は滑数である。
足心とは,腎の所主也,足蹠が熱痛して紅赤なるは,腎陰の不足,火邪の内熾也。
脈滑数は,熱也。陰虚で火邪熾盛なるには,滋陰降火が宜しい。
 増液湯(元参30 生地15 麦冬10)
服薬1剤にして,湿爛、紅腫、痒痛はみな大いに減じた,継服6剤にして,愈ゆ。
 某医が問う:足癬湿爛に加減萆薢滲湿湯等の治療を3ケ月して更に甚しくなった,今はただ増液湯を7剤用いただけで瘳えたのは,何故ですか?
答え:足癬湿爛は湿熱の者が多い,故に多くは除湿清熱の方で治そうとするが,然し今は陰虚火熾であるから除湿すれば反って陰津を傷つけ火は更に熾盛となる,故に除かれずに反って甚しくなったのです。王冰は此の火は只壮水することでのみ制火できる,苦寒を以って降火すれば,煽り立てて助火となると云っています。病が劇しくなったのは前の処方が動にして静ならずだったからです。
   中医临证经验与方法 より
※標の湿熱にこだわり本の陰火を見ないと逆治になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧