優良処方データーベース

下肢浮腫に鶏鳴散

鶏鳴散には行気降濁,宣化寒湿の功効があり,脚気病を主治する。
症状は風湿に感じて,流注が脚足に現れ,耐えられない痛みは,縄で吊るされたようで,思わず声が出,筋脈が腫大する。
“鶏鳴”とは服薬時間を指す。五更(am3:00~5:00)の鶏鳴とは陽升の時,陽升陰降の意である。
方薬組成:檳榔7枚,陳皮、木瓜各1両,呉茱萸2銭,桔梗半両,生姜(和皮)半両,紫蘇茎葉3銭。
原方用法:粗末とし,八服に分ける。汲み置きの水三大碗にて,トロ火で煎じ,一碗半とし,滓を去る;再び水二碗にて,煎じ一小碗を取り,両方を合わせる。一晩寝た後,次の日の五更に二三服に分けて,冷服する。冬月は、少し温めてもよい,服し終われば食事をする。もし残れば,次の日に飲んでも良い。此の薬を服して天明に至るや,大便当に一碗許り黒糞水が下る。即ち腎家の感寒湿毒気が下る也。朝飯の前后には,痛みはあっても腫れは消えている。

Continue reading "下肢浮腫に鶏鳴散"

| | Comments (0)

保和丸8

19 手足に汗をかきやすい人,汗が黄ばむ人,手足がほてる人には,保和丸が好い
脾は四肢を主る。手足の汗には脾胃を調えなければならない。寒湿と湿熱は水湿を運化する脾胃の能力を降下させるので,手足に汗をかくのです。但しこの手足の汗とは,手心だけの汗は除く。また手足の汗が冷汗だと保和丸ではダメです。熱汗か黄汗でなければならない。

Continue reading "保和丸8"

| | Comments (0)

保和丸7

16 保和丸は湿疹・蕁麻疹・にきびに好い
胃腸に積食があると,時間と共に熱を生じ,この熱は小便から出るか,大便から出るかするが,もし大小便が不暢であれば,熱は上へ往き,外面へ往き,肺に至ると肺熱を生じる。肺は皮毛を主るので,肺熱は必然 皮毛から漏れ出る。とりもなおさずそれが各種の皮膚病となり,蕁麻疹や湿疹やにきび等になる。この種の皮膚病の特徴は鮮紅色で,非常に痒い。こんな時こそ保和丸の出番です。保和丸は皮膚の湿熱を清めて,大小便から出します。

Continue reading "保和丸7"

| | Comments (0)

保和丸6

13 一日中 痰を吐く人のために云いましょう、それが食べ過ぎて痰が出ており、白であろうと黄色であろうと、保和丸は痰の溶解に助けとなります
魚は火を生じ,肉は痰を生じます。肉を多食すると,脾胃の運化作用が衰えて痰を生じます。女性はデザートや冷たい果物を好んで食べ過ぎてしまうため、痰が多く出てしまいます。保和丸の中には化痰の二陳丸が含まれています。二陳丸は買えなくとも,保和丸なら買えます。子供が肉を多食して痰が多いなら保和丸を使いなさい。女性で痰が多ければ,保和丸に理中丸を合わせなさい。保和丸は化痰をし,理中丸は脾胃の虚寒を解決します。

Continue reading "保和丸6"

| | Comments (0)

保和丸5

10 保和丸は高血圧に好い
高血圧にも色々な原因があります。肝腎陰虚型,肝火太旺型,瘀血型などです。保和丸は痰湿型の高血圧に向いています。痰湿が血脈を瘀阻して,気血の運行が不暢になると,身体は充分な気血を獲得しようとして本能的に圧を加えて,高血圧となります。ここで身体の痰湿が解消されると,身体は軽くなり,血脈は暢通し,血圧は自然に降下します。保和丸の中には古くからの化痰第一方である二陳丸の成分,すなわち半夏・陳皮・茯苓が含まれています。

Continue reading "保和丸5"

| | Comments (0)

保和丸4

7 保和丸は便秘にも,下痢にも好い
何故ならこの時の腹瀉と便秘は同じ原因から来ているからです。それは腸の中に湿熱があり,それが便秘も腹瀉も起こしているのです。この湿熱はどこから来るのでしょうか?それは魚や肉を食べ過ぎて消化しないままに堆積して腸で湿熱となったのです。もし平時から便秘気味の人だと便秘がひどくなるし,もし平時から腹瀉気味の人だと腹瀉が重くなります。保和丸は消食導滞通便をする一方で,もう一方では清熱利湿をします。

Continue reading "保和丸4"

| | Comments (0)

保和丸3

4 保和丸は牙痛を治す
保和丸はどうして牙疼を治すのか?胃火による牙疼は,虫歯の疼痛ではない。胃火が牙齦へ上攻すると,牙齦は紅腫熱痛する。牙齦は脾胃の領域です。胃腸に積食があると,積食から火を生じ,牙齦を攻めて牙疼となる。これに保和丸を用いれば非常に好い。保和丸は胃火と大腸火を二便から排出し,同時に清熱解毒できる。

Continue reading "保和丸3"

| | Comments (0)

保和丸2

1 保和丸は魚や肉の食べ過ぎからくる厭な口臭を消すことができる。
口臭を治すのは口腔外科かそれとも胃腸科か?西医なら口腔外科を紹介されるでしょうし,中医なら腸胃を調えてくれるでしょう。それは下水道が匂ったら,水源を清めるかそれとも下水道を疏通させるかみたいなものです?云うまでもなく,下水道を疏通させなければなりません。でしょう、だから口臭の治療には胃腸を疏通させなくてはならないのです。食い過ぎて,脾胃を損ない,積食となり,積食が熱となり,胃腸の腐敗した濁気が上って来たのが,口臭です。このような口臭は、いくらチューインガムを食べても治りません。保和丸は消化管内の老廃物をすべて洗い流してくれ,胃腸を清潔に保つことで、悪臭がしなくなります。

Continue reading "保和丸2"

| | Comments (0)

保和丸1

保和丸は,腸胃の清掃夫,通を以って補と為し,五臓六腑を洗浄する!

こんにちは,私は中医師の劉です。ある時、ふたりの漢方医と「今,中国人にとって最も必要な中成薬は何だろうか?」と話し合ったことがあります。ひとりは一位に逍遥丸を選びました。彼が云うには、周りには肝気不舒の人が大変多い,今の時代はストレスからは逃れられない,鬱悶という言葉が時代の言葉だ,逍遥丸はこの時代にピッタリだ。もうひとりは腎気丸を選んだ。今の時代は欲望の時代だ,身辺の人はみな徹夜だ,十一時前に寝る人は無く,徹夜で腎精を消耗している。腎は先天の本といい,これが無いと百病の源となる。加えて今の時代は西方文化の影響を受けて欲望のままに生きる人が多い。腎気丸でなければこの時代の腎精不足を解決できない。

Continue reading "保和丸1"

| | Comments (0)

サイトカインストーム4

4. 潤燥凉血、活血止血
火は動血し易く出血を伴う。しかし“炎症風暴”下の危重症患者の血液は高凝状態であるため,潤燥凉血・活血止血薬でなければならない。正陽湯は、川芎・元参・当帰の咸を以って上熱を軟調し,諸血妄行を止める。桑白皮の甘寒は悦肺,芍薬の酸は益金,旋復は降逆,酸は収。白薇は寒熱を和し,上下の功を維持し,生姜・甘草は一散一和,諸薬合用により,巧妙に火燥并存と苦燥を嫌う肺の矛盾を解決する。

Continue reading "サイトカインストーム4"

| | Comments (0)

より以前の記事一覧