優良処方データーベース

肺炎1

 黎××,女,成。咳嗽胸満が一ケ月以上続き、肺炎と診断された。
初めは抗生剤を使ったが無効だった,その后 辛凉解表、清熱解毒、宣肺止咳の中薬治療を20日以上やったがやはり効果なし。
咳嗽のほかに,胸満胸痛,疲乏無力,口鼻発干するが渇せず,体温37.7℃,舌苔薄白,脈沈緩稍弦。
病は秋季に発し,脈沈緩で弦,且つ寒凉剤を久用して効かなかったことを考えなければならない。
秋燥凉邪が肺を犯せば,肺気不宣,寒飲内生となり,且つ気鬱を兼ねるだろう。
因って辛潤化痰,理気止咳とする。
杏蘇散加減(紫蘇・陳皮・枳殻・前胡・半夏・木香・甘草・桔梗・茯苓・紫菀10 葛根15)
服薬2剤で,咳嗽はすぐに減り,継服10剤で諸証は消失した。
X線検査で心肺膈は正常となっていた。
某医云く:麻杏石甘湯が効かずに,非消炎薬が有効だったとは?
答えて云く:肺炎は肺熱者が多いけれど,寒飲阻肺の者もいます。本証の脈証は寒、鬱、飲証の合邪に一致していたので,辛温、化飲、理気の合法を用いて愈えたのです。
   中医临证经验与方法 より
※肺炎と聞けば抗生物質や麻杏甘石湯のような辛凉清熱剤を第一に思いつきやすいが、秋の凉燥という季節性を忘れてはならない。先ず辛温剤を投与すべきだったのに誤って清熱解毒をしたところ、寒邪閉鬱となり内飲が生じて久治するも癒えなくなったのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春秋定例の感冒

孫××,女,40歳。
七、八年来,毎年春秋の二シーズンに決まって感冒にかかり,軽ければ五六日のを一回,重ければ二三日のを一回,毎回感冒の后で慌てて服薬して七八日かかって漸く緩解する。
最近二年余りは病情が次第に重くなり,中薬を用いて疏風解表、補気固表すること数百剤,西薬の胎盤グロブリンを五本,それでもはっきりとした改善は無い。
症状は頭暈乏力,時時噴嚏,口苦口干,食欲不振,心煩,口苦,舌苔薄白,脈弦緩である。
脈証を綜合し,諸医が与えた薬効と結びつけて,反復思考するに,少陽は胆に属し,胆は諸臓の主である,肝胆は互いに表裏を為す,肝胆の気が鬱結すれば,少陽春升の気は不安となり肺金に反克する,故に春秋二季に衛気不固となり外邪に感じ易くなる。
治には和解少陽,プラス調営衛が宜しい,柴胡桂枝湯加減を処方した。
 処方:柴胡・半夏・黄芩・党参・灸甘草・桂枝・白芍10 生姜3片 大棗7个
服薬三剤にして,諸証は消失した,其の后また毎年の春,秋二季には各々三剤を服薬することにし,三年もすると,中薬数剤で治るようになった。
   难病奇治 より
※柴胡桂枝湯は数日間飲めば良いのであり、安易に体質改善の目的で長く飲むものではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肝鬱感冒

葛××,男,30歳。
腹を立てた后で,突然感冒にかかり,先ず西薬治療を一ケ月間余やり,その后中薬の疏風散寒,辛凉解表薬の治療を20数日間やったが,いずれも効かなかった。
症状は頭暈頭痛,全身酸痛,鼻塞流涕,絶え間ない噴嚏,眼の微痒,軽微な咳嗽,胸脇苦満,食欲不振,舌苔薄白,脈沈微弦。
脈証を綜合して思考するに:鼻塞流涕,頻繁な噴嚏は,確かに風寒客肺の証で,頭暈頭痛,全身酸痛は確かに風寒客表の証であるのに,いくら治そうとしてもちっとも効かない,しかし胸脇苦満,脈沈弦を再思すると,これは肝鬱気滞の脈証である,且つ病が起ったのは腹を立てた后である,此れは実は肝鬱の証で,外邪を感受したので,清陽が升れず,濁陰が降れず,それで営衛失調,肺衛不固となり,感冒が解けないのだ,治すには調肝理気プラス解表宣肺とするのが宜しく,参蘇飲加減を処方した。
 処方:党参・蘇葉・陳皮・枳殻・前胡・半夏・甘草・桔梗・茯苓10 葛根15 木香6
服薬すること三剤で,諸証は消失して愈えた。
   难病奇治 より
※参蘇飲に肝鬱を解く作用があるとは知らなかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

譫語妄行,独語不休

精神病患の“如狂”の類いには,例えば“如有神霊”の百合病;“象如神霊”の臓躁証;“独語如見鬼状”の大承気湯証,“妄行,独語不休”の防己地黄湯証,“喜忘”、“其人発狂”、“其人如狂”の抵当湯証,“其人如狂”の桃核承気湯証……などがある。

Continue reading "譫語妄行,独語不休"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陰寒内結の便秘

便秘の証を,仲景は陰結、陽結、脾約の三種に分けており,后世の医家は風秘、気秘、熱秘、寒秘、風燥の五類に分けている。
しかしこの分類方法は往往にして臨床医には評価されていない。

Continue reading "陰寒内結の便秘"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

徐脈2

以前の記事に「徐脈」というのがありますが、それは“腎陰を補えば腎陽が生じる”というものでした。
しかしそれでは「まだるっこしい」のでもっと直接的な情報はないかと探していたらこの经验方にたどり着きました。
ペースメーカーを着ける前に試す価値があると思います。

Continue reading "徐脈2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桂枝湯は健胃強壮剤

 桂枝湯は群方の冠,名医家はみな“滋陰和陽、解肌発汗、調和営衛”と其の功用を論述している。
桂枝湯は実に健脾胃、和営衛の強壮剤である。

Continue reading "桂枝湯は健胃強壮剤"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

甘露消毒丹(《続名医類案》)

[組成] 白蔻仁・藿香・薄荷・連翹・射干・川貝母・木通10 石菖蒲12 黄芩20 茵陳24 滑石30
[用法]水煎服。
[主治]時疫を感受し,湿熱が変生され,それが少陽三焦を阻むと,発熱倦怠となり,面は油垢の如く,汗が出ると酸臭がし,胸悶腹脹し,神志は昏蒙となり,小便は短赤で,舌苔は黄膩,脈象は濡数となる。
亦 咽腫、頤腫、斑疹、出血、黄疽、瀉痢、淋濁証をも治す。

Continue reading "甘露消毒丹(《続名医類案》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小柴胡湯去黄芩加芍薬

『傷寒論』の小柴胡湯の方後に次のような加減方と注釈文が書かれています。
若胸中煩而不嘔者.去半夏人參.加栝樓實一枚.
若渇.去半夏.加人參.合前成四兩半.栝樓根四兩.
若腹中痛者.去黄芩.加芍藥三兩.

Continue reading "小柴胡湯去黄芩加芍薬"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

分量によって変わる川芎の効能

 かねてから酸棗仁湯は効かないなーと思っていましたが、その訳が分かったと思わせるような論説に出会いました。

Continue reading "分量によって変わる川芎の効能"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧