古典

炙甘草湯(《傷寒論》)

[組成] 炙甘草20 桂枝(去皮)・生姜15 大棗30枚 生地黄80 人参・阿膠・麻子仁10 麦冬40
[用法] 加酒60g,和水煎薬,湯成,去渣,内膠烊化,分3次,温服,1日量。
[主治] 脈結代,心動悸。

Continue reading "炙甘草湯(《傷寒論》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天王補心丹(《摂生秘剖》)

天王補心丹の[主治] が健忘、不眠、大便乾燥と来れば高齢者の認知症にも応用されるのではないでしょうか?

Continue reading "天王補心丹(《摂生秘剖》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大柴胡湯(《傷寒論》)

『中医治法與方剤』(陳潮祖)の解説は実に明解です。
小柴胡湯証は半表半裏、手少陽三焦経の気鬱津凝から始まって筋膜に影響した病理であり、大柴胡湯証は足少陽胆経の実熱で、疼痛を主とする、と。

Continue reading "大柴胡湯(《傷寒論》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

補中益気湯(《脾胃論》)

(※)李東垣の陰火の解説は次のようです。
「其産生機理勞倦,飲食内傷脾胃,清陽下陷,導致穀気下流,壅于少陰,引動少陰陰火“上乘土位”」
穀気下流とは穀気上升に対比して云われており、脾胃の機能が極端に下陷した状態を云う。
穀気が全身に輸布されないと下焦に溜まって湿熱を造成し、少陰の“陰火上衝”を起こすようになる。
つまり脾胃の清陽が下陷すると土位の虚に乘じて腎間の陰火が脾胃の領域を襲うと云うのです。
そしてその治療法が有名な"甘温除大熱"の法です。
"瀉火"ではなくて"升陽"によって自然に陰火を降す方法です。
この東垣の説を陳潮祖は『中医治法與方剤』で真っ向から否定しています。
「湿邪を夾んでいるのに,無謀にも此の方を投与をすれば,服後には反って脹満を増すことになる。」と。
これは大家の一大論争を呼ぶのではないでしょうか。

Continue reading "補中益気湯(《脾胃論》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小建中湯(《傷寒論》)

小建中湯は子供の腹痛に使えることは一般に知られていますが、本当はすごい薬効があるのですよ!
『中医治法與方剤』(陳潮祖)より引用紹介します。

Continue reading "小建中湯(《傷寒論》)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桂枝湯の“鼻鳴”とは何か?

桂枝湯(《傷寒論》)の条文に「営衛不和,陰陽失調,頭痛項強,発熱、汗出、悪風、鼻鳴、干嘔、脈緩者。」とある中で、“鼻鳴”とは何のことか?
従来から「鼻塞」「噴嚏」「鼻涕」と説が分かれています。
『中医治法與方剤』(陳潮祖)の小柴胡湯の部を読むと、「三焦は膜原と腠理から成り,陽気が升降出入し,水液が運行する所である。」となっている。
では桂枝湯の部を読んでみよう。
「汗出るは肌が疏で,腠理が不密である, 故に悪風する;衛気は肺胃に内通している,邪が衛を擾(さわがせ)せば,少陽三焦の津気は不利となり,津液の外泄を導致する,故に鼻鳴り;胃は寒攣に因って,胃気は上逆し,故に干嘔する。」
このように三焦と結びつけて考えると「鼻鳴=流清涕」となる。
森立之の考証によれば『傷寒諭孜注」には次のようになっている。
「鼻鳴乾嘔者桂枝湯主之」の鼻鳴について、一般的に鼻塞而息鳴と解釈している。‥‥‥鼻鳴が「久左米(嚏)」を指していることが証明され、慣用になる錯誤を匡した。
41「傷寒雑病論」における卓越した考注 日本医史学雑誌第47巻第3号(2001) 郭 秀梅・加藤久幸

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小柴胡湯3

懲りもせず続いて『中医治法與方剤』(陳潮祖)より引用紹介します。
加減方が14処方もあります。

Continue reading "小柴胡湯3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小柴胡湯2

引き続き『中医治法與方剤』(陳潮祖)より引用紹介します。
32項目にわたる綿密な論考には一層 感服します。

[応用]
 «傷寒論»及び«金匱要略»には此の方に全部で十九条を載せているが,広く用いるには注釈を加えることが必要である。

Continue reading "小柴胡湯2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小柴胡湯1

小柴胡湯について『中医治法與方剤』(陳潮祖)より引用紹介します。これ程の詳細な解説は今迄に見たことがありません。

Continue reading "小柴胡湯1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

血室の解釈

日本では主に「子宮」と解釈されているが、『中医治法與方剤』(陳潮祖)では「肝臓」を指すとしている。
それでネットで少し調べてみた。
《金匱要略・婦人雑病脈証并治》 婦人が中風にかかり,七八日してから続けて寒熱を来たし,その発作は周期性である,丁度来ていた経水が中断すると,此れは熱入血室となったのだ,其の血は必ずや結ぼれる,故に瘧状のように,寒熱発作は周期性となる,小柴胡湯が之を主る。

Continue reading "血室の解釈"

| | Comments (0) | TrackBack (0)